renaissancejapn2020@gmail.com

2021/2/11

トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜大平天国の乱〜  財閥(日本・世界)






クリックすると元のサイズで表示します

明治維新の大功労者 トーマス・グラバー フリーメーソンとしての活躍
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2816.html







明治維新の大功労者 トーマス・グラバー フリーメーソンとしての活躍
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2816.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜初恋の人との別れ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2817.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜フレーザーバラを離れる〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2818.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ 〜ギムナジウムへ入学〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2819.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜海の向こうに何がある〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2820.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷との別れ〜内部の矛盾を抱える〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2821.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜 活気に満ちたアバディーン〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2822.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜 ジャディ・マセソン商会〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2823.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜アヘン戦争で飛躍したJM商会〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2824.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜船舶中買業に就職〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2825.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜不快な大都市上海〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2826.html





からの続き









大平天国の乱

そんな考えに浸り始めたグラバーに、さらに拍車をかけるような事態がおひざもとの清朝内で惹起し始めていた。

それは「太平天国の乱」である。 「太平天国」の母体は一八四三年(グラバーは五歳)清朝広東省花県出身の農民、洪秀全が創設した「拝上帝教」という宗教団体。

洪秀全は科挙(髄から清の時代まで続いた官史登用の画家試験)に落第、そのショックの余り病に伏せ、あるユメを見た。

それはローマカトリック教会に対して反旗を翻したプロテスタントと同様、堕落し、列強の餌食となりつつある清朝を救う者はこの自分しかいない。

一切の差別を失くし対立、抗争のない平和を樹立すべしとの主張を打ち上げたのである。(拝上帝教という)。

彼の主張、思想は貧困にあえいでいた多くの農民達の支持を得、旧秩序の上にアグラをかいていた地元勢力、清朝官憲達との衝突に発展したばかりか、やがては清国を属国にしようとするイギリス、フランス列強との対戦にまで発展した。

一八五二年、多数の参加者を得た拝上帝教は教祖、洪秀全を「天王」と仰ぎ、同九年国号を「太平天国」とした。

貧民の太平天国への支持は、これを機に急増、湖南、湖北、江西、安寧を抜き、一八伍三年には大都南京をも占領した。

この頃の太平軍は数十万人に膨張、清朝転覆の噂さえ内外に流された。 しかし、ここまでが太平天国のポークであった。

一八五六年には軍隊派閥の長の権力闘争が始まり、太平軍は急速に衰退し始めた。 一時は太平軍に加担し、清朝(女帝西太后)を打倒するかに思えたイギリス、フランス軍は、

一八六〇年以降当初の「中立政策」を放棄した。


この時イギリス、フランス軍は理屈のうえでは長年に渡り腐敗堕落を続ける清朝を改変しようとしていた洪秀全の政策に賛成していた。

しかし清朝が滅びることは是としながらも、洪秀全が新しい国王となり、太平天国の思想で清朝を統一されては列強の出番はばくなってしまう。


そう判断したイギリス、フランスは清朝を引き続き属国にすつためにも太平天国の乱を静めようと決心した。

一八六〇年以降、中立政策を放棄したイギリス、フランス軍は天京以東の江蘇、江省に活路を求めて進出してきた太平軍に武力攻撃を加えた。

一八六四年六月、リーダーの洪秀全の病死もあり、それ以後はあっけなく太平軍も滅亡してしまったのだ。








マッケンジーの誘い

JM商会の上海支店でクソ面白くない徴募をつけたり、在庫管理をしていたグラバーの耳にも、もちろん太平天国の乱を近く英仏両軍が討伐しようとしている情報は入ってきた。

そして近代兵器を持ち軍事教練に卓越した英仏軍と、近代兵器を持たず、軍事教練にも慣れていない中国軍が対戦した場合、英仏軍が勝利することは、軍事に素人は素人のグラバーでさえ、すぐにも理解できた。

グラバーは当初、太平天国の洪秀全の思想を高く評価していた。 このため腐敗しきった西太后の清朝が崩壊すれば、太平天国の新しい治世のもと、JM商会も、そしてグラバー自身も何か面白い展開が期待されそうに思えた。


しかし、近く英仏の列強が太平天国と対戦するとの情報を得たグラバーは列強の勝利は火を見るよりも明らかなため、このまま上海に留まって仕事を続けようとの意思が急速に吹き飛んでしまった。

グラバーがそんな気持ちでいた時、JM商会の大先輩、ケアス・マッケンジー(五十歳代)という男が「グラバー君、日本という国を知っているだろう。 今後清朝などよりも間違いなく大発展する国は世界広といえども日本をおいてどこにもない。

わしはすでにJM商会の横浜店と長崎店を開店させたが、君も長崎で伊一発勝負してみる気はないか」と強く誘われた。






次の投稿に続く











アヘン戦争 と フリーメーソン中国進出 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2655.htm

ジャーディン・マセソン商会と阿片そしてHSBC
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2797.html
ジェームス・サッスーン卿
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2798.html
サッスーン財閥と阿片そして上海
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2799.html
国での阿片貿易を元々仕切っていてのはベアリングズ兄弟商会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2802.html
ベアリング財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2803.html
ラッセル商会
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2808.html
ラッセル商会とスカル&ボーンズそれと米民主党とCIA 結局は阿片
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2809.html
ハインツ財閥
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2810.html





PS.この時期、アメリカや日本で何が起こっていたかというと、1837年、アメリカのジョージ・ピーボディが、ベアリング家の親戚であるブラウン家のブラウン・ブラザーズを通じてロンドンのビジネスに参入し、

ロスチャイルド・ロンドン家のネイサン・ロスチャイルドの代理人となっています。 これが、ロスチャイルドがアメリカの金融に参入するきっかけとなりました。

このジョージ・ピーボディは、キダー・ピーボディ証券の中心人物で、ピーボディ基金の設立者です。

ところが、彼には子どもがいなかったので、自分の後継者にジューニアス・モルガン(JPモルガンの父)を指名し、このことでモルガン商会がロスチャイルド・ロンドン家のアメリカの代理人となります。

















財閥(日本・世界)シリーズ のここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html





3


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ