renaissancejapn2020@gmail.com

2021/2/28

トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜船舶を一隻受注〜  財閥(日本・世界)







クリックすると元のサイズで表示します

明治維新の大功労者 トーマス・グラバー フリーメーソンとしての活躍
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2816.html









明治維新の大功労者 トーマス・グラバー フリーメーソンとしての活躍
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2816.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜初恋の人との別れ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2817.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜フレーザーバラを離れる〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2818.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ 〜ギムナジウムへ入学〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2819.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜海の向こうに何がある〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2820.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷との別れ〜内部の矛盾を抱える〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2821.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜 活気に満ちたアバディーン〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2822.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜 ジャディ・マセソン商会〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2823.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜アヘン戦争で飛躍したJM商会〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2824.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜船舶中買業に就職〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2825.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜不快な大都市上海〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2826.html
トーマス・グラバー 生まれ故郷を後へ〜大平天国の乱〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2827.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ旅立〜マッケンジーの誘い〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2828.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ旅立〜尊王攘夷、倒幕に揺れる日本〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2829.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ旅立〜尊王攘夷、朝廷に内緒で通商条約のサイン〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2830.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ出立〜清潔で平和な町長崎〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2831.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ出立〜長崎商工会議所設立〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2832.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ出立〜謎の人物 ・小曾根英四朗〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2833.html
トーマス・グラバー グラバー長崎へ出立〜米国宣教師フルベッキ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2834.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」フリーメーソン〜関係本は五万冊に及ぶ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2835.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜スコットランド誕生説〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2836.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜米国位置ドル札になぜピラミッド〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2837.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」 フリーメーソン〜慈善事業へ大貢献〜  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2838.html
トーマス・グラバー 「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜ユダヤ人、ユダヤ教の影響〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2839.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜エルサレム神殿の建造者がメーソンの元祖?〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2840.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜全民族のための宗教へ〜  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2842.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜ユダヤ教とローマ帝国を批判〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2843.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜十字架の刑へ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2844.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜キリスト教の成立へ〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2845.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜原始キリスト教団の活躍〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2846.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜アメリカのユダヤ贔屓〜  
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2847.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜イスラエル、中東戦争に連勝〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2848.html
トーマス・グラバー「世界の大きな謎」フリーメーソン 〜米国内で大活躍のユダヤ人〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2849.html 
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜茶の輸出を決心〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2850.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜茶の商人、大浦慶〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2851.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜茶葉の再生工場を建設〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2852.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜五代才助に会う〜 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2853.html
トーマス・グラバー : グラバー、長崎での活躍〜琉球王国の危うい歴史〜
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2854.html













からの続き












船舶を一隻受注

さて、脇道に大きくそれてしまったが、グラバーと五代の商売へ話を戻そう。 グラバーは五代が薩摩藩で取り扱っている数々の商品手帳を眺めながら、「五代さん、これらの商品の中から、どれを輸出するか検討して欲しいということですね」

「おや、そうじゃない。 薩摩藩にはこれだけの誇るべき商品がある。 だから薩摩藩はとても裕福で安心して取引ができるということを、先ずはグラバーさんに知ってもらいたかったのです」。

「ええー? っそうすると五代さんの私への話は何なのですか」。 「グラバーさん、私はあなたをとても信頼しています。 だから今から私が話すことを絶対に他言しないでいただきたい。 実はわが藩がいち早く手に入れたいのは蒸気船なのです」。

グラバーは驚きの目で五代を見つめながら「蒸気船は幕府のご禁制でしょう」。 「いや、ご禁制になっているのは戦艦だけです。 私達が求めているのは、一般の商船なのです。」

「しかし蒸気船ですよね。 これも将軍の許可が必要のはずでしょう」。 「ええ、でもそれは心配いりません。 幕府を仲介に立てて買い取る方法があります。 事実長崎のとなりの差佐賀藩は昨年、蒸気船「電流丸」を買っています。 これは幕府の仲介によるものですよ」。

グラバーが「その船はどこで建造されましたか。 売った仲介人は誰ですか」。 「オランダ領事の紹介だと聞いています」。

「幕府がもしもそれを許すと言うなら、私はあなたの依頼に応えたい。 ただしイギリス本国の新造船が現在どういう状況下にあるのか、よくしらべてみないと分かりません。

新造船が無い場合は、中古船をさがしてみなければなりません。 今日、明日すぐにでもというわけにはいきませんが、JM商会の上海店にすぐにでも問い合わせてみましょう。」

グラバーの顔に緊張と同時に喜びの顔が走った。 しかし、価格の張る船舶の注文には「これはとてもラッキーだ。よし、先ずはこの船舶を確保しよう」。

グラバーは自信家なのか、楽観的なのか、五代が「何卒よろしく」といい、帰っていくと、船舶代金は未だ一両も入金されていないと言うのに、もう何万両という大判、小判がグラバーの頭の中を駆け巡っていた。

二、三日して再び五代が訪ねてきた。 「グラバーさん、船舶は茶葉の何十倍という大金が動きます。 くれぐれも慎重を期して下さいね」。

「五代さん、大丈夫です。 未経験の私としては重荷ですが、この商会はマッケンジーさんが請け負います」。

グラバーは取りあえず、横浜在住のマッケンジーに、できるだけ早く長崎へ戻ってくるようにとの手紙を出した。

この頃はまだ電話は普及しておらず、遠方への連絡は手紙しかない。 グラバーはJM商会の上海支店にも手紙を出した。

何しろ大金の商談だ。 グラバーのペンを持つ手が震え「落ち着け、落ち着け、こんなことで震えているようでは大商人になれないぞ」

そう自分に言い聞かせた。








次の投稿に続く











財閥(日本・世界)シリーズ のここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html



















2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ