renaissancejapn2020@gmail.com

2021/6/1

空前の成功 GSTC(ゴールドマン・サックス・トレーディング・カンパニー)  財閥(日本・世界)









クリックすると元のサイズで表示します
ゴールドマンサックスとは
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2898.html

本Blogで、ゴールドマン・サックスのシリーズの情報の出所は、「Goldman Sachs」の著者である女性のリサ・エンドリック(Lisa Endlich)氏を中心に、収集したものです。
Lisa Endlich プロフィール
-------------------------
MITでマネイジメントと都市計画の修士号を取得後、ゴールドマン・サックスに入社、外国為替部門のトレーダーとなり、VP(ヴァイスプレジデント)の肩書を得る。 退社後は夫と三人の子供とロサンゼルスに在住。

日本に関する記事は、主に国際ジャーナリスト堤未果氏の著作物を中心に取集したものです。 インターネトでデービッド・アトキンスを敵視する三橋貴明氏と藤井聡氏ですが、彼ら自身も言っていますが、彼女(堤未果)が先生と述べています。彼女の著作物・記事・情報がベースになっているケースが多く見られます。
堤未果 プロフィール
-------------------
東京生まれ、NY度立大学大学院国際関係論学科修士号。 国連、野村證券などを経て、米国の政治、経済、医療、教育、農政、公共政策、エネルギーなどをテーマに、現場取材と公文書による調査報道で活躍













クリックすると元のサイズで表示します
Marcus Goldman (December 9, 1821 – July 20, 1904)
ゴールドマン・サックスの創始者


クリックすると元のサイズで表示します
マーカス・ゴールドマンが1869年に最初のオフィスを置いたパイン・ストリートのビル
このビルの地下一階から世界最強の投資銀行の歴史は始まりました。
マーカス・ゴールドマン商店が入っていたビル、30 Pine street , New Yoork













空前の成功 GSTC (ゴールドマン・サックス・トレーディング・カンパニー)


GSTC (ゴールドマン・サックス・トレーディング・カンパニー) 
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2934.html


1928年12月(昭和3年)、非常に長期にわたって上げ相場が続いていた頃、キャッチングスはパートナーたちの同意を取り付けて、会社型投資信託を組成しました。

それを彼は誇らかに「ゴールドマン・サックス・トレーディング・コーポレーション(GSTC)」と名付けました。

会社型投資信託は、証券投資を目的とした会社を設立して、投資家にその会社の株を購入してもらう形で資金を募ります。

今日の投資信託と似たものであり、1920年代人気を博していました。 相場が上がると投資家の関心も比例して上昇しました。

1928年当時には、ほぼ一日に一つファンドが組成される勢いで、株の狂乱相場に油を注いでいました。

ファンドは今日の標準からするとほとんど無法状態でしたが、GSTCは評判の高い投資銀行が設立して運営管理するものだし、どのような株に投資をしているか情報を開示するから安全だ、と考えられていました。


当初の予定では4,000万ドルから5,000万ドルほどの規模で、ゴールドマン・サックスが20%〜25%を所有する計画でした。

しかし、このファンドに対する需要は非常に強く、会社の投資額は1,000万ドル(当時の資本のほぼ半分)のまま、ファンドの募集金額を1億ドルに増加しました。


この投機的なファンドは一日で完売。 GSTCの新株100万株(再数的に600万株近くまで発行)の額面は100ドルで、ゴールドマン・サックスが全株買い取りました。

ゴールドマン・サックスは子の株の90%を104ドルで売りに出し、300万ドルを大きく上回る金額を瞬時に手に入れました。

この利益だけでも同社の資本の15%に相当します。 今日の価格に置き換えて考えれば、これは一つの案件で10億ドルの手数料を稼ぐようなものでした。


この投資信託会社GSTCの家阿武は急騰しました。 1929年(昭和4年)2月9日には、136.50ドル、5日後には222.50ドルにはね上がりました。

投資家は不信感を心の外に追いやりました。 この株価だと、GSTCの時価総額は投資した証券の時価総額の2倍を超える大きさとなります。

投信が人気を増すにつれ、ゴールドマン・サックスはさらに株を一般投資家にも売りつけました。


GSTCも自社株を購入し、3月までに5,700万ドル以上を自社株につぎ込んでいました。 「このとてうもない狂乱状態を支えた想像力は驚愕に値します。しかもこの狂気は尋常のスケールではなかった」とジョン・ケネス・ガルブレイスは彼の古典的名著 『大恐慌 1929年は再びくるか』の中で述べています。

















ゴールドマン・サックス ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2904.html

モルガン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2894.html

デュポン財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2919.html

ロスチャイルド財閥 ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2917.html

日本の財閥(住友・三井・三菱・安田・等) ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2918.html


財閥(日本・世界)シリーズ ここまでのまとめ
https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2815.html


4


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ