renaissancejapn@aol.com

2006/7/23

シナイからの旅立ち  旧約聖書
クリックすると元のサイズで表示します

■ 幕屋 (Tabernacle) 


旧約聖書(出エジプト記第40章1節−38節)

主はモーゼに仰せになった。

第一の月の一日に幕屋、つまり臨在の幕屋を建てなさい。 あなたはそこに掟の箱を置き、垂れ幕を掛けて箱を隔て、机を運び入れ、その付属品を並べ、燭台を運び入れてともし火をともす。  更に、掟の箱の前に香をたく金の祭壇を置き、幕屋の入り口には幕を掛ける。  焼き尽くす献げ物の祭壇を幕屋、つまり臨在の幕屋の入り口の前に据え、洗盤を臨在の幕屋と祭壇の間に据え、これに水を入れる。  周囲には庭を設け、庭の入り口に幕を掛けなさい。

次に、あなたは聖別の油を取って、幕屋とその中のすべてのものに注ぎ、幕屋とそのすべての祭具を聖別する。 それは聖なるものとなる。  次いで、焼き尽くす献げ物の祭壇とそのすべての祭具に油を注ぎ、祭壇を聖別する。  祭壇は神聖なものとなる。
あなたは洗盤と台に油を注ぎ、それを聖別しなさい。

次に、アロンとその子らを臨在の幕屋の入り口に進ませ、彼らを水で清めなさい。 アロンに祭服を着せ、彼に油を注いで聖別し、祭司としてわたしに仕えさせ、彼の子らを前に進ませ、これに衣服を着せる。

あなたは、彼らの父に油を注いだように、彼らにも油を注ぎ、わたしに仕える祭司としなさい。  彼らがこのように、油を注がれることによって、祭司職は代々にわたり、永遠に彼らに受け継がれる。
  

モーゼは主が命じられたとおりにすべてを行った。

(略)

次に、幕屋の入り口に幕を掛けた。  この幕屋、つまり臨在の幕屋の入り口に焼き尽くす献げ物の祭壇を設け、焼き尽くす献げ物と穀物の献げ物をその上でささげた。  主がモーセに命じられたとおりであった。  次いで、洗盤を臨在の幕屋と祭壇の間に据え、それに清めの水を入れた。   その水でモーゼ、アロンおよびその子らは、自分の手足を清めた。

彼らが臨在の幕屋に入るとき、あるいは、祭壇に献げ物をささげるときは、水で清めるのを常とした。  主がモーゼに命じられたとおりであった。  最後に、幕屋と祭壇の周囲に庭を設け、庭の入り口に幕を掛けた。  モーゼはこうして、その仕事を終えた。
雲は臨在の幕屋を覆い、主の栄光が幕屋に満ちた。

モーゼは臨在の幕屋に入ることができなかった。  雲がその上にとどまり、主の栄光が幕屋に満ちていたからである。   雲が幕屋を離れて昇ると、イスラエルの人々は出発した。  

旅路にあるときはいつもそうした。  雲が離れて昇らないときは、離れて昇る日まで、彼らは出発しなかった。  旅路にあるときはいつも、昼は主の雲が幕屋の上にあり、夜は雲の中に火が現れて、イスラエルの家のすべての人に見えたからである。

0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ