renaissancejapn@aol.com

2006/7/27

モーゼの最期  旧約聖書
クリックすると元のサイズで表示します

■ Moses's Testament and Death   1481-1482年
Fresco, 350 x 572 cm
Cappella Sistina, Vatican
SIGNORELLI, Luca 作



旧約聖書(申命記第34章1節−12節)

モーゼはモアブの平野からネボ山、すなわちエリコの向かいにあるピスガの山頂に登った。

主はモーゼに、すべての土地が見渡せるようにされた。  

ギレアドからダンまで、ナフタリの全土、エフライムとマナセの領土、西の海に至るユダの全土、ネゲブおよびなつめやしの茂る町エリコの谷からツォアルまでである。

主はモーゼに言われた。

「これがあなたの子孫に与えるとわたしがアブラハム、イサク、ヤコブに誓った土地である。  わたしはあなたがそれを自分の目で見るようにした。  あなたはしかし、そこに渡って行くことはできない。」

主の僕モーゼは、主の命令によってモアブの地で死んだ。

主は、モーゼをベト・ペオルの近くのモアブの地にある谷に葬られたが、今日に至るまで、だれも彼が葬られた場所を知らない。

モーゼは死んだとき百二十歳であったが、目はかすまず、活力も失せてはいなかった。

イスラエルの人々はモアブの平野で三十日の間、モーゼを悼んで泣き、モーセのために喪に服して、その期間は終わった。

ヌンの子ヨシュアは知恵の霊に満ちていた。 
モーゼが彼の上に手を置いたからである。 

イスラエルの人々は彼に聞き従い、主がモーゼに命じられたとおり行った。
イスラエルには、再びモーゼのような預言者は現れなかった。  

主が顔と顔を合わせて彼を選び出されたのは、彼をエジプトの国に遣わして、ファラオとそのすべての家臣および全土に対してあらゆるしるしと奇跡を行わせるためであり、また、モーゼが全イスラエルの目の前で、あらゆる力ある業とあらゆる大いなる恐るべき出来事を示すためであった。

0

2006/7/31  0:18

投稿者:はなこ
再び、こんにちは♪
ちょうど、現在のネボ山の空撮画像(ポスターより)を、
記事に貼り付けてあります。ご参考までに。
ヨルダンとイスラエルの国境近くは検問だらけで、
通行するのが大変だった記憶があります。
中東は今、レバノン情勢が緊迫していますね。

2006/7/29  13:45

投稿者:Renaissancejapan
なんとうらやましい。 私はヴァチカンに行った事はありますが、ヨルダンやイスラエルには行った事がありません。 写真で見る限り、カナンの地はとても乳と蜜のしたたる豊かな土地とは思えませんが、歴史や聖書に思いをはせると、とても魅力的な場所なんでしょうね。

2006/7/29  12:47

投稿者:はなこ(はなこのアンテナ)
こんにちは♪
私がヨルダンに住んでいた時に、
スピガの峰は特にお気に入りの場所で、
50回以上は訪ねたでしょうか?
モーセに思いを馳せながら、カナンの方角を
眺めるのが好きでした。
夕闇迫ると、左手に見える死海の水面が金色に輝き、
荘厳でしたよ。
今は巡礼地になって、世界中からクリスチャンが
訪れているようです。
RJさんは行かれたことがありますか?

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ