renaissancejapn@aol.com

2006/7/28

モーゼゆかりの教会  旧約聖書
クリックすると元のサイズで表示します
サンタ・カタリナ修道院  

この写真は、シナイ(ホレブ)山麓にあるサンタ・カタリナ修道院です。  モーゼが「燃える柴」を見たと伝えられる場所に、建てられた修道院で、この中庭に、「燃える柴」の場所と伝えられるところがあります。





モーゼが羊の群れを追って、ホレブ山まで来たとき、不思議な光景を目にしました。 柴が炎をあげて燃えているのに、その柴はいつまでも燃え尽きることはありませんでした。

恐るおそるモーゼが近づくと、炎の中から神が声をかけ、エジプトで苦しんでいる同胞のイスラエル人たちを救い出すよう命じられました。

そうして、数々の奇蹟を起こして、イスラエルの民をエジプトから脱出させて救ったモーゼは、シナイ山で神から十戒と細々とした律法を授かりました。  


社会が複雑化し、我々現代人は、難解な法律は法律家だけのものとしてしまい、自分自身の生き方の指針を失ってしまってきているように思います。

この十戒の話は、ユダヤ教徒だけのものではなく、自分の信仰する宗教が異なっていても、いつも我々に生きる指針を与えてくれています。



          十戒

 1、ヤハウェが唯一の神であること
 2、偶像崇拝の禁止
 3、主の御名をみだりに唱えてはならない
 4、安息日を守ること
 5、父母を敬うこと 
 6、殺人をしてはいけない
 7、姦淫をしてはいけない
 8、盗んではいけない
 9、偽りの証言をしてはいけない
10、隣人のものを欲しがってはいけない

 


荒野を放浪し、「約束の地」 カナンに向かったモーゼですが、カナンでは先住民が守りを固めていたので、迂回してヨルダン河谷の東側から、カナンを攻めるという作戦に切り替えました。  そうして、モーゼがネボ山(ピスガ山)で息をひきとった後は、ヨシュアがイスラエル人を率いて、ヨルダン川を渡り、堅固な城壁で守られたエリコを陥落させ、その後でカナン一帯を制圧しました。


このピスガ山の頂上には、4世紀頃にキリスト教徒が、モーゼを記念する教会を建て、巡礼者を迎えてきました。 


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

モーゼ記念教会



次の写真は、ピスガ山の山頂から、カナンの地を見下ろした風景で、前方にはヨルダン川、その向こう側に、「約束の地」カナンが見えます。



クリックすると元のサイズで表示します



モーゼはエジプトを出て、40年間旅を続けましたが、「約束の地」カナンを目の前にして、寿命の為に、主からカナンの土地に行くことは出来ないことを告げられます。

そして、モーゼはイスラエルの人々に、主がヨシュアを自分の後継者に選んだことを告げた後、ピスガ山に登り、 「乳と蜜のあふれる約束の地 カナン」 を見下ろしながら、神の見守るなか、静かに息を引き取りました。
  

モーゼ 享年120歳。   アーメン



1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ