renaissancejapn2020@gmail.com

2006/8/26

エリコ陥落  旧約聖書
クリックすると元のサイズで表示します
イスラエル人たちは、6日間ただエリコの城壁の周りを静かに回るだけでしたが、
7日目の朝、7人の祭司が角笛を吹き鳴らし、人々が時の声をあげると、街の城壁
は突然に崩れ落ちました。



旧約聖書(ヨシュア記第6章12節−27節)

翌朝、ヨシュアは早く起き、祭司たちは主の箱を担ぎ、七人の祭司はそれぞれ雄羊の角笛を携え、それを吹き鳴らしながら主の箱の前を進んだ。

武装兵は、更にその前衛として進み、また後衛として主の箱に従った。 行進中、角笛は鳴り渡っていた。   彼らは二日目も、町を一度回って宿営に戻った。  同じことを、彼らは六日間繰り返したが、 七日目は朝早く、夜明けとともに起き、同じようにして町を七度回った。  町を七度回ったのはこの日だけであった。

七度目に、祭司が角笛を吹き鳴らすと、ヨシュアは民に命じた。

「鬨の声をあげよ。 主はあなたたちにこの町を与えられた。  町とその中にあるものは、ことごとく滅ぼし尽くして主にささげよ。  ただし、遊女ラハブおよび彼女と一緒に家の中にいる者は皆、生かしておきなさい。  我々が遣わした使いをかくまってくれたからである。  あなたたちはただ滅ぼし尽くすべきものを欲しがらないように気をつけ、滅ぼし尽くすべきものの一部でもかすめ取ってイスラエルの宿営全体を滅ぼすような不幸を招かないようにせよ。  金、銀、銅器、鉄器はすべて主にささげる聖なるものであるから、主の宝物倉に納めよ。」

角笛が鳴り渡ると、民は鬨の声をあげた。  民が角笛の音を聞いて、一斉に鬨の声をあげると、城壁が崩れ落ち、民はそれぞれ、その場から町に突入し、この町を占領した。

彼らは、男も女も、若者も老人も、また牛、羊、ろばに至るまで町にあるものはことごとく剣にかけて滅ぼし尽くした。 

ヨシュアは、土地を探った二人の斥候に、 「あの遊女の家に行って、あなたたちが誓ったとおり、その女と彼女に連なる者すべてをそこから連れ出せ」 と命じた。

斥候の若者たちは行って、ラハブとその父母、兄弟、彼女に連なる者すべてを連れ出し、彼女の親族をすべて連れ出してイスラエルの宿営のそばに避難させた。

彼らはその後、町とその中のすべてのものを焼き払い、金、銀、銅器、鉄器だけを主の宝物倉に納めた。 

遊女ラハブとその一族、彼女に連なる者はすべて、ヨシュアが生かしておいたので、イスラエルの中に住んで今日に至っている。  エリコを探る斥候としてヨシュアが派遣した使者を、彼女がかくまったからである。

ヨシュアは、このとき、誓って言った。  「この町エリコを再建しようとする者は 主の呪いを受ける。 基礎を据えたときに長子を失い 城門を建てたときに末子を失う。」

主がヨシュアと共におられたので、彼の名声はこの地方一帯に広まった。

2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ