renaissancejapn@aol.com

2006/9/30

主の箱  旧約聖書
クリックすると元のサイズで表示します

■ ダビデの幕屋 ( David's Tabernacle )


           旧約聖書(サムエル記下第6章1節−23節)

ダビデは更にイスラエルの精鋭三万をことごとく集めた。

ダビデは彼に従うすべての兵士と共にバアレ・ユダから出発した。 それは、ケルビムの上に座す万軍の主の御名によってその名を呼ばれる神の箱をそこから運び上げるためであった。


彼らは神の箱を新しい車に載せ、丘の上のアビナダブの家から運び出した。  アビナダブの子ウザとアフヨがその新しい車を御していた。

彼らは丘の上のアビナダブの家から神の箱を載せた車を運び出し、アフヨは箱の前を進んだ。   ダビデとイスラエルの家は皆、主の御前で糸杉の楽器、竪琴、琴、太鼓、鈴、シンバルを奏でた。

一行がナコンの麦打ち場にさしかかったとき、牛がよろめいたので、ウザは神の箱の方に手を伸ばし、箱を押さえた。   ウザに対して主は怒りを発し、この過失のゆえに神はその場で彼を打たれた。ウザは神の箱の傍らで死んだ。

ダビデも怒った。主がウザを打ち砕かれたためである。  その場所をペレツ・ウザ(ウザを砕く)と呼んで今日に至っている。

その日、ダビデは主を恐れ、  「どうして主の箱をわたしのもとに迎えることができようか」  と言って、ダビデの町、自分のもとに主の箱を移すことを望まなかった。

ダビデは箱をガト人オベド・エドムの家に向かわせた。

三か月の間、主の箱はガト人オベド・エドムの家にあった。  主はオベド・エドムとその家の者一同を祝福された。

神の箱のゆえに、オベド・エドムの一家とその財産のすべてを主は祝福しておられる、とダビデ王に告げる者があった。  王は直ちに出かけ、喜び祝って神の箱をオベド・エドムの家からダビデの町に運び上げた。

主の箱を担ぐ者が六歩進んだとき、ダビデは肥えた雄牛をいけにえとしてささげた。

主の御前でダビデは力のかぎり踊った。  彼は麻のエフォドを着けていた。  ダビデとイスラエルの家はこぞって喜びの叫びをあげ、角笛を吹き鳴らして、主の箱を運び上げた。

主の箱がダビデの町に着いたとき、サウルの娘ミカルは窓からこれを見下ろしていたが、主の御前で跳ね踊るダビデ王を見て、心の内にさげすんだ。

人々が主の箱を運び入れ、ダビデの張った天幕の中に安置すると、ダビデは主の御前に焼き尽くす献げ物と和解の献げ物をささげた。  

焼き尽くす献げ物と和解の献げ物をささげ終わると、ダビデは万軍の主の御名によって民を祝福し、兵士全員、イスラエルの群衆のすべてに、男にも女にも、輪形のパン、なつめやしの菓子、干しぶどうの菓子を一つずつ分け与えた。  民は皆、自分の家に帰って行った。

ダビデが家の者に祝福を与えようと戻って来ると、サウルの娘ミカルがダビデを迎えて言った。  「今日のイスラエル王は御立派でした。 家臣のはしためたちの前で裸になられたのですから。 空っぽの男が恥ずかしげもなく裸になるように。」

ダビデはミカルに言った。  「そうだ。  お前の父やその家のだれでもなく、このわたしを選んで、主の民イスラエルの指導者として立ててくださった主の御前で、その主の御前でわたしは踊ったのだ。   わたしはもっと卑しめられ、自分の目にも低い者となろう。  しかし、お前の言うはしためたちからは、敬われるだろう。」

サウルの娘ミカルは、子を持つことのないまま、死の日を迎えた。

0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ