renaissancejapn2020@gmail.com

2006/10/29

アレキサンドリア  旧約聖書
アレキサンダー大王の死後、エジプトのプトレマイオス家とシリアのセレウコス家がパレスチナ地方の支配をめぐって対立し、パレスチナは両家の抗争の場となります。

また、どちらも優秀でビジネスの才覚のあるユダヤ人に市民権を与え、高い地位を与えましたが、多くのユダヤ人達は、抗争の場となったパレスチナの土地を捨て、エジプトに移り住むようになりました。




特にエジプトのプトレマイオス家は、ユダヤ人に宮廷や軍隊でもユダヤ人に高い地位を与えたので、ユダヤ人は商業・交易の分野を中心として大きな影響力を持つようになり、「銀行」 や 「貿易」 関係の総裁にあたる地位を与えられたリもしたので、巨大な工場や倉庫を持ち、貿易を管理するようになりました。

ヘレニズム文化の中心的な都市であるアレキサンドリアには、ユダヤ人が集中し、アレキサンドリアの人口の約半分はユダヤ人が占めるようになり、ユダヤ文化のギリシア化が進みました。  BC320年頃の話です。

そして、「 旧約聖書 」 のギリシア語への翻訳が行われるようになり、有名な話では、アレキサンドリアの図書館で、BC250年頃に、70人の学者によって70日間で翻訳された為、「 70人訳 」 と呼ばれています。 
 
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ