renaissancejapn@aol.com

2007/5/15


この国は全くふざけており、保険会社までが消費者金融(サラ金)とグルになり、
「消費者信用団体生命保険」 なるものをつくり、消費者金融は借り手全員にこの生命保険をかけさせ、人殺しを犯している事が明らかになりました。

この反社会的な活動に非難が集まるなか、TV各社でつくる 「放送と青少年に関する委員会」 は午後5時から9時までの間、消費者金融CMの自粛を求めましたが、

なな何と・・・ テレビ朝日は拒否してしまいました。  調べによると、テレビ朝日は消費者金融から、年間約60億円もの広告料をもらっていることが明らかになりました。

この国の、反日左翼主義者達は、どこまで腐っているのでしょうか。  
 




2006年9月6日の毎日新聞の記事によれば、消費者金融10社が、債権回収のために、借り手全員に生命保険を掛けており、大手5社が保険会社から支払いを受けていた件数が2005年の1年間で、3万9880件ある事が分かりました。

うち明確な自殺は3649件、全体の件数の中に、死因が分からないものが多く含まれており、借り手の自殺によって、消費者金融に生命保険金が支払われたのは、はるかに多い数にのぼるとされています。  

これは金融庁が調べた結果分かったもので、大手5社とは、アコム、アイフル、武富士、プロミス、三洋信販で、契約先の保険会社の双方から聞き取り調査したものです。

この保険は、 「消費者団信用団体保険」 とよばれるもので、この国では生命保険会社までがグルとなっていたのです。  

また、社会問題化する消費者金融に対し、民放とNHKでつくる第三者機関 「放送と青少年に関する委員会」 が、消費者金融のCMを青少年視聴者が多い午後5時から9時まで自粛するよう求めた見解について、テレビ朝日の広瀬社長は拒否しました。

理由は、前述の通りテレビ朝日は、消費者金融(サラ金)から約60億円もの広告料を貰っているからです。  この60億円という数字は、テレビ朝日の広瀬社長、自らが明らかにしたものです。

生活に困った恵まれない人たちには、社会全体で寄付や施しを行いサポートするものですが、

死に追いやるまでの過酷な取立てをしている事が分かっている消費者金融(サラ金)の暴力団ビジネスに手を貸すテレビ朝日、生命保険会社、またそれを見過ごしてきた警察、官僚、政治家、メディア関係者達を許す事はできません。


死に追いやられた人たちが受けた精神的苦痛が彼らには分からないのか、また愛するお母さんや幼い女の子までが、ヤクザの手にかかった例もあるでしょう。  近年氾濫する幼女ポルノでも、そのようなケースが報告された例もありました。

北朝鮮の拉致問題でも、そのような事実はないと言い切ってきた、共産党、社会党、田中真紀子、またその犯人でソウルで逮捕されていた辛光洙容疑者の釈放を韓国の盧泰愚大統領に要求する韓国政府もびっくりの菅直人,etc.

消費者金融、賭博(パチンコ)、など朝鮮利権に群がる政治家達です。

何故、君達はこの消費者金融問題の裏にいる反日朝鮮系団体、左翼主義者、暴力団、北朝鮮にそんなにも甘いのか。  金が欲しいのか? 票が欲しいのか? またそんな情けない政治家達に投票するアホウな国民どもよ、世界にも類をみない、この国における数多くの自殺者、また彼ら家族の地獄のような苦しみを考えた事があるのか。

小銭でこざかしく動く卑しい新潟県民よ、恥を知れ! 
かの上杉謙信公が泣いておられるわ。  

ヘドがでそうな、朝日新聞、テレビ朝日のアホウな左翼主義者共よ、お前らにオウム問題、北朝鮮拉致問題、日本の自殺者を語る資格はないわ、いい加減に目を覚さんかい、ドアホが!

10

2007/5/19  18:36

投稿者:寄り道
コメントを何度も申し訳ありません。
本当にいいブログですね。これから応援させていただきます。頑張って下さい。失礼致しました。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ