renaissancejapn@aol.com

2005/9/23

ノイシュヴァンシュタイン城  観光・旅行
クリックすると元のサイズで表示します

南ドイツのバイエルンを代表するものに、世界で一番美しい城とされているノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)があります。 Schloss(城)、Neu(新しい)、Schwan(白鳥)、Stein(石)という意味ですが、長ったらしい名前で覚え難く、たまにノイシュヴァンシュタインと発音する日本人を見かけますが、シュヴァンはドイツ語でSchwein(豚)という意味ですから、一字違いで大違いになります。



この城は、ロマンチック街道の最南端終点のバイエルン州フュッセンの近くにあり、ルートヴィヒ2世(1845−1886)が17年の歳月と巨額の費用をつぎ込んで建設したものです。

クリックすると元のサイズで表示します



オクトーバーフェスト(ミュンヘンのビール祭り)は、彼の祖父である後のルートヴィヒ1世となるバイエルン皇太子と王女テレーゼの成婚を記念して始められ、1810年以来続いて来たものです。 妃の名をとったテレージエンビーゼ(Theresienwiese)と呼ばれるミュンヘン市内の広場で開催されます。

クリックすると元のサイズで表示します



ルードヴィヒ2世(Ludwig U)は、幼い頃からゲルマン神話と騎士伝説の物語が好きで、これが彼に大きな影響を与えるようになり、後にワグナーを庇護し、パトロンとなりました。 しかしながら、1865年に家臣達の意見を受け入れ、評判の悪いワグナーを宮廷から追放することになります。 その後、それから王は執務を嫌うようになり、幼い頃からの夢であった騎士伝説を実現すべく中世風のノイシュヴァンシュタイン城など豪華な建築物に力を入れるようになりました。 

クリックすると元のサイズで表示します



この頃、従妹でバイエルン生まれのエリザベート(Elisabeth オーストリア皇帝妃)も、ウイーンでの堅苦しい宮廷生活から逃避をしていた為、生涯を通じて彼女とはお互い心を通わせました。  エリザベートは、バイエルン王国のヴィッテルスバッハ家の一族マクシミリアン公爵の娘として生まれ、幼少の頃は父マクシミリアンと共に街に出かけたり、狩りなどに行ったり自由を満喫していていました。 しかし、自由人だった父の気質を多く受け継いだ皇后は、母方の伯母で姑であるゾフィー大公妃がとりしきる宮廷の厳格さが耐えられなかったのでしょう。  また、彼女は当時のヨーロッパ宮廷一といわれた美貌の持ち主でしたが、年を取るにつれて顔を扇で隠すようになり、それが彼女の立ち居振る舞いを表す姿として伝説となっています。 彼女の晩年の最大の悲劇は、息子ルドルフ皇子の自殺で、その後、死ぬまで喪服を脱がなかったと伝えられています。 彼女も、1898年9月、旅行中のジュネーヴのレマン湖のほとりでイタリア人の無政府主義者ルイジ・ルケーニの手によって殺害されその生涯を閉じました。 彼女が最後に泊まっていたホテルは、ジュネーブにあるレマン湖沿いのボー・リバージュ(Beau Rivage)で、現在も営業しております。 殺害された場所は、おそらくこの桟橋だと思われますますが、最期はこのホテルで息を引き取りました。
 


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



バイエルン王国は、プロイセンとの戦いに敗れ多額の賠償金を支払わねばならなくなり、それと豪華な城の建設により、国の財政は脅かされはじめた為、家臣たちは王の退位を企み、1886年、彼は精神病に仕立て上げられ、ベルク城に軟禁され、翌日の6月13日にシュタンベルク湖畔で、医師のグッテンと共に謎の水死を遂げました。 この時点で、ノイシュヴァンシュタイン城の建設は、未完成部分を残したまま中止され、その後一般公開されるようになりました。


この豪華なノイシュヴァンシュタイン城の建設を推し進めた事により、財政による問題で家臣たちに裏切られ、哀れな結末を迎えたルートヴィヒ2世ですが、このノイシュヴァンシュタイン城は、現在では毎年世界中から何百万人という多くの観光客を集め、バイエルン州の重要な財源になっている事は、歴史の皮肉としかいいようがありません。 

クリックすると元のサイズで表示します





これは、ノイシュヴァンシュタイン城の近くの、アルプ湖で遊ぶ子供達です。

クリックすると元のサイズで表示します

3

2005/10/10  14:00

投稿者:まぁ〜さん
本当に素敵!
早速トラバさせていただきます。
ありがとうございました。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ