renaissancejapn@aol.com

2007/9/14

クリックすると元のサイズで表示します

ご存知、アメリカ民謡の 「森のくまさん」 ですが、日本語の歌詞は未だもって、その意味は謎とされています。  ほのぼのとした感じはいいのですが、このボケた熊と、何故かイヤリングをして一人で森に入り、挙句の果てはイヤリングを届けてくれたくまさんの為に歌ってあげる、これまたトボケた女の子。 

早く逃げんと危ないだろうが!


日本語の歌詞

ある日森の中 くまさんに 出会った
花咲く森の道 くまさんに 出会った

くまさんの 言うことにゃ お嬢さん お逃げなさい
スタコラ サッササノサ スタコラ サッササノサ

ところが くまさんが あとから ついてくる
トコトコ トコトコと トコトコ トコトコと

お嬢さん お待ちなさい ちょっと 落とし物
白い貝がらの 小さな イヤリング

あら くまさん ありがとう お礼に うたいましょう
ラララ ララララ ラララ ララララ



クリックすると元のサイズで表示します



原作の歌詞

The other day, I met a bear
A great big bear, A way up there.
He looked at me, I looked at him
He sized up me, I sized up him.

ある日クマと出くわした
かなりデカい熊に 道の途中で
クマは僕を見て 僕も熊を見た 
クマは僕を見定めて 僕も熊を見定めた

He says to me, "Why don't you run?"
"'Cause I can see, you have no gun."
I say to him, "That's a good idea."
"Now let's get going, get me out of here!"

クマは言った 「逃げなくて大丈夫?」
「だって君は銃を持っていないみたいだから」
僕はクマに言った 「そりゃいい考えだ」
「それじゃ早速逃げるとしよう」

I began to run, away from there
But right behind me was that bear.
And on the path ahead of me
I saw a tree, Oh glory be.

僕は走って逃げ出した
でもすぐ後ろにはあのクマが
道の先には木があった
ありがたい

The lowest branch was ten feet up
I'd have to jump and trust to luck.
And so I jumped into the air
But that branch away up there.

低い枝でも3メートル
運にまかせて大ジャンプ
体は宙を舞ったけど
あの枝まではとどかない

Now don't you fret, and don't you frown
I caught that branch on the way back down.
That's all there is, there ain't no more
Unless I meet that bear once more

心配しないで 機嫌を悪くしないで
倒れかけながらも なんとか枝をつかめたんだ
僕の話はこれでおしまい これ以上は何もないよ
またどこかであのクマに出くわさない限りね

0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ