renaissancejapn@aol.com

2007/11/30

フリーメーソン-17  ジョージ・ワシントン  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
George Washington (1732-1799)
フリーメーソンの正装をしたワシントン

ワシントンは、1752年2月4日にヴァージニアの 「フレデリックスバーグ・ロッジ」 に
入会し、1752年11月4日には 「徒弟」 、翌年3月3日に 「職人」 の位階に進み、8月4日には 「親方」 の位階に進級していることが記録に残されています。

そして、1789年にジョージ・ワシントンが、第一回のアメリカ大統領宣誓式をフリーメイソンの経典に手をかざして、フリーメイソン式の式典方式で行なった事は有名です。





ワシントンは、ヴァージニア州のマウント・ヴァーノンの大農園を所有していたように、金持ちで、彼の所属していた 「フレデリックスバーグ・ロッジ」 はヴァージニア州の上流階級の人達のための親睦クラブのようなものとして機能していたと推測されます。

アメリカ独立戦争がはじまると、軍隊では盛んに 「軍事ロッジ」 が創立されましたが、

「軍事ロッジ」 とは、軍隊の内部で組織されるロッジであり、常設のロッジと異なり、軍隊の移動とともにロッジも移動するものであります。

ワシントンは、この 「軍事ロッジ」 の創設に好意的であり、自らもその集会に参加しています。

1778年12月に革命軍がフィラデルフィアを奪回したとき、勝利を祝って、およそ300人のフリーメーソンが市内を行進し、クライスト教会で記念集会を持ち、そのときワシントンはフリーメーソンの正装をして、行進の先頭に立ちました。

1779年12月、代表的な 「軍事ロッジ」 である 「アメリカン・ユニオン・ロッジ」 は、アメリカのフリーメーソンの中央組織として、ワシントンをジェネラル・グランド・マスターとし 「ナショナル・グランド・ロッジ」 の創設を計画しましたが、実現することはありませんでした。

ワシントンの周辺には、同じくフリーメーソンに加入していた側近が多くいて、

ワシントンの副官であり、最初の財務長官となったアレクサンダー・ハミルトン、
独立革命時代のアメリカ経済の中心にいたロバート・モリス、
最高裁判所長官となり、「アメリカ司法会の父」 と呼ばれるジョン・マーシャル、
南北戦争の南軍総司令官ロバート・リーの父であるヘンリー・リー将軍、
「アメリカ海軍の父」 と呼ばれるジョン・ポール・ジョーンズ、
アメリカ独立革命に共感してフランスから来たラファイエット侯爵も、
「アメリカン・ユニオン・ロッジ」 において、フリーメーソンとなっており、
この時に参入儀礼を催したのがワシントンでありました。

独立戦争は、サラトガの戦いで、アメリカ側が勝利を収めたのを機に、戦況はアメリカ優位になってゆき、フランクリンの活躍によってフランスが参戦すると、イギリスの劣勢が明らかとなり、1781年のヨークタウン陥落によって、戦争は事実上の終結を見て、

1787年にはアメリカ合衆国憲法が制定され、1789年にはワシントンが初代大統領に就任しました。

1789年は、7月14日 パリ民衆のバスティーユ襲撃により、フランス革命が勃発した年で、日本では将軍は徳川家斉で寛政元年で、寛政6年に浮世絵師の東洲斎写楽が現れ、マリーアントワネットが処刑されたのが、1793年です。



1789年4月30日、ワシントンはニューヨークのウォール街で、初代大統領としての宣誓式にのぞみました。  この当時の首都は、ニューヨークであり、まだワシントン市は存在しておりません。

ワシントンの宣誓に立ち合ったのは、ロバート・リヴィングストンで、彼は 「ニューヨーク・グランド・ロッジ」 のグランド・マスターでありました。

リヴィングストンは、フランクリンの後任としてフランス大使となり、ナポレオンとの交渉を通して、ルイジアナの買収に成功しています。

ワシントンの宣誓のの時に使用された 「聖書」 は、ニューヨークの 「セント・ジョンズ・ロッジ・No.1」 から借用されたものであります。

アメリカ合衆国の大統領官邸 「ホワイトハウス」 は、1792年に着工されましたが、この設計者はアイルランド生まれの建築家ジェイムズ・ホーバンで、彼もフリーメーソンで、

1793年9月18日には、アメリカ政治の象徴となる議事堂の礎石を置く儀式が行われ、その儀式はフリーメーソンのロッジと提携して行われ、ワシントンはフリーメーソンのエプロンと記章をつけて、その儀式にのぞみました。


クリックすると元のサイズで表示します



ちなみに、 「ホワイトハウス」 の名の由来は、1812年の米英戦争において大きな損傷を受け、設計者のホーバンを中心として修復作業が進められ、傷を隠すために外側を白く塗ったことからですが、この建物がホワイトハウスと呼ばれるようになったのは、1902年にセオドア・ルーズベルトが、公式にその名称を採用してからであります。

クリックすると元のサイズで表示します



1796年、ワシントンは政界から引退し、マウント・ヴァーノンに引きこもりますが、その3年後の1799年12月14日に亡くなりました。 享年67歳

ワシントンの葬儀は、マウント・ヴァーノンでしめやかに行われましたが、その時ヴァージニアの 「アレクサンドリア・ロッジ・No.22」 の会員が多数参加して、アカシアの小枝を棺に置きました。  ワシントンは1788年以来、このロッジの名誉グランド・マスターであったからです。

また、棺の上には、ラファイエット侯爵から贈られた特別のエプロンが置かれました。

クリックすると元のサイズで表示します



The George Washignton Masonic National Memorial
         101 Callahan Drive
       Alexandria, Virginia 22301
       Main Voice - 703-683-2007
       Fax - 703-519-9270

      http://www.gwmemorial.org/






-------------------------------------------------------------------------














3

2014/6/3  6:25

投稿者:・☆。
なくても正しいですよね。それは私も知っていますしアメリカ建国という歴史にフリーメイソンが大きく関わっていたというのはもう知っている事です。でもとにかくあの時にYouTubeで私が見た番組は良い番組だったので消えたのは残念ですが色々とそれからの糸口になりました。もしアメリカ合衆国憲法とフリーメイソン憲章の件等でおかしな事があれば間違った認識を持って行く事は危ないので教えていただきたいです。また正しかったらもし良かったら(あくまでももし良かったらです。)簡単な誰々がこうこうというその細かめの流れを少し教えていただけたら嬉しいです。サバタイ派、フランキスト、改革派ユダヤについてもコメントさせていただいてすみませんです。

2014/6/3  6:24

投稿者:・☆。
うのだったかその辺りの事もよく思い出せないのですが。その動画があれば見て確かめてどういうのだったかというのももう一発で解決するんですけど。赤い十字架というのはテンプル騎士団の象徴ですからヨーロッパからアメリカへの船がその旗として掲げるというのもおかしくはない事です。なのですがその旗がジョージ・ワシントンあるいはワシントン家(その家系、血筋)の旗だというような事をナレーションか何かで言っていたような気がするのですがそんな旗がワシントンに関係のあるものだったかというのをどうにも思い出せずこんがらがっています。何せ動画があれば見て確かめたら一発で解決するのですけどそれが出来ず何かヨーロッパからアメリカへ渡った船の旗の描写が何かの番組(多分この番組です。)であったのだけどあれがどういうものだったのかというのを思い出せず悩んでいます。ヨーロッパからアメリカへ渡った船の旗とそれにまつわりのアメリカ建国やワシントンに関連するというような物語というのはその心当たりがあったりご存じであったりはしないでしょうか。あの、十字架と言いましたが十字架を見た後に星の形のデザインを見たら少し星だったような気もしてきましたw。またワシントンD.C.の市旗を見たらこれだったような気もしてきましたw。まあもうとにかくうる覚えです(笑)。あともう一つなのですがこちらは割りと憶えているのですが私の数ヶ月前に見たその番組の中においてアメリカ合衆国憲法の条文はフリーメイソンの憲章(フリーメイソン憲章)の条文ともうほぼ一致していると言っても良い(/過言じゃない)位に酷似しているというようなのがあり実際に条文が酷似しているのを並べ比べ合わすというようなのを私は映像で見たのですがこれというのはアメリカ合衆国憲法ともう一つの方はフリーメイソン憲章で合っているでしょうか。多分合っているとは思うのですがベンジャミン・フランクリンとジェームス・アンダーソンは少し時代が離れているので同じ時に作られたというよりはフリーメイソン憲章を元にアメリカ合衆国憲法は作られたという風な事で間違いはないでしょうか。あとベンジャミン・フランクリンは確かフリーメイソンのメンバーだったですよね。アメリカ独立宣言やアメリカ合衆国憲法の署名にはフリーメイソンの人も多かったというのがあったと思うのですがそれは間違いのない情報でしょうか。ああこれについては聞か→

2014/6/3  6:23

投稿者:・☆。
前は私の書いたのにこのように答えて戴けてありがとうございます。とても分かり易くありがとうございますと言おうと思っていたのですが言わないままにしていました。改めてありがとうございますです。しばらくぶりなのですが今ちょうどなのですがまたジョージ・ワシントンやアメリカ(の)建国(の父)とフリーメイソン等についての事を少し考えていました。それで考えているのですがその辺りの事で数ヶ月前にYouTubeで見たのですがヒストリーチャンネルの「アメリカ建国の父とフリーメイソン」という動画等がありました。それはとても面白い番組だったのですが今は残念ながらもう消えてしまっていて他の動画サイトのも見つかりそうにはありません。とても面白く興味深い内容だったので改めて見て確かめたいなと思っても確かめられないというのが少し残念なのですが。私のその番組を見ての記憶の片鱗として今もあるというので確かめたい事が幾つかあります。おそらくその番組をは見られてはいないかも知れませんがフリーメイソンの情報がとても持っておられるのでもし宜しければそれはおかしいよというような所がないかというのを確かめて戴けないでしょうか。憶えているのは色々とあるのですが全てを言うとあれなので幾つか(気になるの)だけです。まず私のその番組を見ての記憶としてあるので気がかりなのがそのアメリカ建国の時代にヨーロッパからアメリカへ渡った船があってその船が旗を掲げていて(確か十字架だったような記憶があるのです。何となく赤い十字架だったような。確かめたいのですが確かめる事が出来ず(動画がないので)違っていたのかも知れませんが。もしかしたらそれを見たというのがその番組ですらなかったかも知れませんが。) その船はワシントンのヨーロッパからアメリカへ渡った船だったというような事を言っていたような気もするのですが今改めて確かめたらジョージ・ワシントンは普通のアメリカ生まれの人です。いやその旗がワシントンの旗だというのだったかその辺りの事もよく思い出せないのですが。その動画があれば見て確かめてどういうのだったかというのももう一発で解決するんですけど。赤い十字架というのはテンプル騎士団の象徴ですからヨーロッパからアメリカへの船がその旗として掲げるというのもおかしくはない事です。なのですがその旗がジョージ・ワシントンあるいはワシントン家(その家系、血筋)の旗だとい→

2014/4/8  20:55

投稿者:Author
フリーメーソンの階級
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/767.html

何故、スコティッシュライト(スコッチ儀礼)と呼ぶのか? これはテンプル騎士団の本拠はソロモン神殿の王宮跡にあったためテンプル騎士団と呼ばれました。 この騎士団は瞬く間にヨーロッパ全土に普及したものの、
最後の総長ジャク・ド・モレーが処刑され、その残党がスコットランドに逃げていったためです。 これを一つのフリーメーソンの起源とする場合もあります。1600年にはスコットランド人貴族ジョン・ボスウェルがエジンバラ・ロッジに入会した記録が残されており、貴族たちが庇護と財政支援を行い、1670年にはスコットランドのアバディーン・ロッジに、新会員が70%以上占めるようになりました。 明治維新の時代に活躍したフリーメーソンのグラバーはアバディーン出身です。

2014/4/8  20:39

投稿者:Author
・☆。さん、返事が遅れて申し訳ありませんでした。 結論から言えば、ジョージワシントンは33階級であったと思います。 理由は、フリーメーソンの上位階級(スコティッシュライト)が記録されているのは、1737年3月21日、パリでアンドリュー・M・ラムゼイの演説の後です。 ジョージ・ワシントンが、第一回のアメリカ大統領宣誓式を行ったのが、1789年です。 また、アダム・ヴァイスハウプトがイルミナティを設立したのが1776年。 ワシントンは、1799年12月14日に亡くなり、ヴァージニアの「アレクサンドリア・ロッジ・ナンバー22」の会員が多数葬儀に参列しましたが、ワシントンは1788年以来、このロッジの名誉グランド・マスターでした。 グランドマスターはフリーメーソンのトップクラスの階級であり、33階級は王族や大統領クラスなので、
ワシントンは33階級のランクであったと思います。

2014/4/6  20:45

投稿者:・☆。
前のコメントのです。私は気になっているのでもし良かったら教えていただけませんか。宜しくお願いします。分からないという色んな事を聞きたいという風にすら思うのですがまずはこれを教えていただけたらという思いです。どうかお教えいただけないでしょうか。スコティッシュ・ライトの33階級の制度と言うのはいつ出来たのでしょう。18世紀や19世紀と見るのは妥当だと思いますが。アメリカの建国や独立があってそれはあるのかな。

2014/3/28  21:43

投稿者:・☆。
ジョージ・ワシントンはフリーメイソンの階級で言うと3階級で止まっているのでしょうか。18世紀のこの時代は100年後のアルバート・パイクらの時代とも少し異なるのですがこの時代においてはスコティッシュ・ライトのロッジにおいて33階級の階級と言うのは作られていたのでしょうか。少なくともアルバート・パイクらの時代にはそれらの階級は作られていたものだと思いますが。ジョージ・ワシントンはアメリカのフリーメイソンはイルミナティに乗っ取られてはいないという事を信じていたかったようですが現実はそういう事をそれを言うワシントンもよく知っていた事だというのも私は認識しています。アメリカのフリーメイソンがイルミナティに乗っ取られようとしているという事を彼は死の前の18世紀末にもう嗅ぎ付けているはずです。それから乗っ取られた事によってフリーメイソンの中にスコティッシュ・ライトの33階級の階層と言うのは作られ出来て行ったのでしょうか。ジョージ・ワシントンが33階級だというのは何故だかあまりよく聞かないので少し気になる事なのです。

2013/11/26  8:45

投稿者:shion
治安維持法=秘密保全法

2013年11月26日の本日、強行決定される見込み。

1960年、
CIA正規のスパイ「岸信介」によって安保強硬更新。
岸信介「アメリカ51州めの首長に就くなら、何でも上げる、遣る」と契約した通りの結果に!

そして2013年
CSIS兵士「安倍晋三:岸信介の孫」によって「祖父の契約履行」仕上げの為「51州め日本が軍国化」、「放射能化領土日本人の生命も残らず上げる」と。


日本が【自立できた道】は唯一!
フリーメイスンの「天皇の地位」の即位の毎回製造ウマノホネを
国民が「首相を誹謗するよぅに、批判すること」であった。

これが、世界のYAMIを差す【健全なる脅威】となった__のだが...

http://blogs.yahoo.co.jp/shion1082001

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ