renaissancejapn2020@gmail.com

2007/12/12

フリーメーソン-20  サミュエル・ヒューストン  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
Samuel Houston (1793-1863)

NASAで有名な、テキサス州ヒューストンですが、テキサス州はもともとメキシコ領で、テキサス軍の司令官として、メキシコ軍を撃破し、テキサス共和国を樹立したのがフリーメーソンのサミュエル・ヒューストンです。  ヒューストンの地名は、彼の名からとったものです。



サミュエル・ヒューストンは、バージニア州ロックブリッジ郡に生まれ、1818年に軍を退役したのち、弁護士となりました。

1823年からアメリカ合衆国の下院議員、1827年からテネシー州知事をつとめ、1835年からのテキサス独立戦争では、テキサス軍を率いてメキシコと戦い、1836年4月にはサンタ・アナ将軍を捕らえて独立を認めさせ、同年成立したテキサス共和国の初代大統領に選ばれましたが、  

この戦いは、アラモ砦の戦いとしても有名で、映画化もされています。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=319070


また、ヒューストンはフリーメーソンであり、彼がフリーメーソンに入会したのは、1817年Cumberland Masonic Lodge, No. 8で、後にテキサス州のグランドロッジを開設しています。







-------------------------------------------------------------------------













1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ