renaissancejapn2020@gmail.com

2007/12/14

フリーメーソン-21  カーネル・サンダース  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
Colonel Harland Sanders (1890-1980)

ご存知、ケンタッキーフライドチキンのサンダースおじさんですが、本名はハーランド・サンダースであります。  1935年にケンターキー州知事から名誉称号「カーネル」を授与され、カーネル・サンダースと呼ばれるようになりました。

彼もまた、フリーメーソンであります。 



ケンタッキー州最大の都市ルイビルとはオハイオ川ひとつを隔てた町、インディアナ州ヘンリービルで、ハーランド・サンダースは生まれました。

早くに父を亡くした彼は、工場で働く母を助けて6才で料理を始め、弟妹と母のために焼いたパンが皆に大喜びされたのが7才。

このときの嬉しさをカーネルは生涯語り続け、その感動が「おいしいもので人を幸せにしたい」というKFCの理念へと受け継がれていきました。

家を助けるため10才から農場に働きに出たサンダース少年は、学歴といえば6年生の終了証だけ。  

その後は独学で学びながら多くの仕事につきます。 機関士、判事助手、保険外交員、フェリーボートなど40種に及びます。

そしてタイヤのセールスをしている時に出会った石油会社の支配人から勧められてガソリンスタンドを始めたのは30代後半、「自分の将来は自分で決めよう」と独立します。

注文の前に、埃だらけの車の窓をサービスで洗いラジエーターの水を調べる。 「他の人に一生懸命サービスする人が、最も利益を得る人間である」 という信念の実践でありました。

大恐慌と干ばつにより、農民に貸していたガソリン代が回収できずにスタンドはつぶれ、正に挫折の連続で半生が過ぎます。 しかし、幾度失敗しても立ち上がるサンダース。

ガソリンスタンドを利用する人たちのために物置を改造して6席だけの小さなレストラン「サンダース・カフェ」をコービンに造ったのは1930年6月。

スタンドはサービスの良さで、カフェは味で評判となります。 その目玉が独特なフライドチキンで、素材にまでこだわった手づくりの味と細やかなサービスに、来客は列をなし
ました。

しかしながら、新しいハイウエーの建設により車の流れが変って維持できなくなった店を手放し、負債を支払ったカーネルの手元にはいくらも残りませんでした。  

フライドチキンの調理法だけが唯一の財産。  この時、65才。  しかし、不屈のカーネルは、それを教える代わりに売れたチキン1羽につき5セントを受けるというFCビジネスを始めて大成功を収めました。

今日、我々がお世話になっているケンタッキー・フライドチキンは、カーネルが65歳の時にはじめたものなのです。

他人を家人のように温かく迎えてもてなす、伝統的なアメリカ南部の人々の親切なもてなしをサザン・ホスピタリティといいますが、まさに彼のビジネススタイルでした。

カーネルは、少しでも余裕ができると慈善活動を行い、孤児院の子供たちのために毎日アイスクリームをつくったり、肢体不自由児のための基金をつくったりしています。

人を幸せにする事に引退はない。 「決して引退を考えずにできるだけ働き続けろ」 「人間は働きすぎてだめになるより、休みすぎて錆付きだめになる方がずっと多い」。

その言葉どおり、カーネルは90才で生涯を閉じるまで、現役を通しました。



また、ケンタッキーフライドチキンは、アメリカの共和党を支援するロックフェラー財閥と関係が深く、ペプシコーラもロックフェラー系であります。  アメリカの民主党を支援しているのは、ヨーロッパのユダヤ系ロスチャイルド財閥で、傘下にマクドナルド、コカコーラがあります。  世界中のKFCにはペプシコーラしか置いておらず、マクドナルドにはコカコーラしか置いてない筈であります。

共和党(KFC、ペプシコーラ) vs 民主党(マクドナルド、コカコーラ)というのが、アメリカの政治の構造です。




最後に、彼のフリーメーソンの記録は、

Initiated: April 6, 1917
Demitted: February 27, 1920
Lodge No. 651 (Indiana), Henryville, Indiana
Passed: 1919
Raised: 1919
Courtesy to 651 (Indiana) by Clark 40 (Indiana)
Affiliated: October 27, 1953
Demitted: April 13, 1976
Hugh Harris Lodge No. 938, Corbin, Whitley County, Kentucky

Source: card file of the Grand Lodge of Kentucky, F&AM. His gravestone
displays the masonic square and compasses, Shriners and Scottish Rite logos. His autobiography, Life As I Have Known It Has Been Finger Lickin' Good
(Carol Stream, Illinois : Creation House, 1974 p. 29), notes his installation as a 33° Scottish Rite freemason in Washington, D.C..






-------------------------------------------------------------------------













4


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ