renaissancejapn@aol.com

2008/2/27

フリーメーソン-60  田原坂 (たばるざか)  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
西郷隆盛(1828-1877)


薩長同盟の成立、王政復古に成功し、明治維新の大きな功労者である西郷隆盛は、朝鮮政策をめぐり、大久保利光と対立し、鹿児島に戻り私学校で教育に専念。 新政府の国民皆徴兵制より、職業軍人としての特権を奪われた士族の反乱が続く中、明治10年(1877年)に私学校生徒の暴動から起こった西南戦争の指導者となるも、田原坂の激戦を経て、生まれ育った鹿児島に戻り、城山での最後の決戦に散りました。 

こうして、徳川封建制度で長く続いてきた士農工商の身分制度はなくなり、明治維新は事実上、成し遂げられる事になります。   西郷隆盛、享年49歳。



この田原坂の戦いは、近代戦も含めて歴史上まれにみる局地的大激戦で、両軍あわせて1日30万発以上の銃弾がわずか300mの間で飛交いました。

この激しさは、田原坂から発掘された大量の 「かちあい弾」 の多さから知ることができますが、かちあい弾とは、銃弾同士が空中でぶつかり合い、2つの弾がくっついた弾の事をいいます。

西南の役では、参戦者約10万人・死傷者3万6千人を数え、ここ田原坂の戦いでは死傷者6千5百人にものぼる壮烈な戦いがくりひろげられました。

ここで、両軍にしっかりと武器・弾薬を売りつけ、ぼろ儲けをした人達がいる事を、我々は忘れてはなりませんん。



「 雨は降る降る じんばはぬれる こすにこされぬ 田原坂   右手に血刀 左手に手綱 馬上ゆたかな 美少年 」  

という有名な詩がありますが、この美少年は西南の役田原坂の戦いで散った若者たちすべての象徴であります。

クリックすると元のサイズで表示します




17-18世紀にヨーロッパで興った 「啓蒙思想」 が産み落とした 「理性」 「自由」 
「平等」 「博愛」 「自然科学」 の 「フリーメーソン思想」 により、欧米諸国は近代国家として大きな発展を遂げました。  

江戸末期に、フリーメーソン思想に染まった欧米諸国に開国させられ、明治維新を成し遂げた日本も近代国家の道を歩むようになりますが、封建制度が廃止され、職業軍人としての特権を奪われた武士階級に代わる、国民皆兵の徴兵制度によって、農民や一般庶民が武器を手に取り、国家総動員での戦争が始まるようになりました。

ある意味で西南戦争も、旧式の武器である刀を持った職業軍人としてのプライドを持つ武士たちが、銃を持った農民・一般庶民で構成された新政府軍に敗れて、散ってゆく姿は象徴的であると思います。


これこそが、フリーメーソンに寄生した 「イルミナティ」 、戦争男爵ロスチャイルド、など死の商人達の望むところなのであります。  

日本は明治維新後、日清・日露戦争、そして第一次・第二次世界大戦と戦争に明け暮れるようになり、政府とべったり癒着した軍需産業から、多くの財閥が生まれることになりました。



フリーメーソン-7  イルミナティ
http://diary.jp.aol.com/renaissancejapan/597.html#readmore

フリーメーソン-8  3つの世界大戦
http://diary.jp.aol.com/renaissancejapan/598.html

フリーメーソン-9  グラントリアン(大東社)
http://diary.jp.aol.com/renaissancejapan/599.html

フリーメーソン-2  中国進出
http://diary.jp.aol.com/renaissancejapan/592.html#readmore

フリーメーソン-3  香港上海銀行(HSBC)
http://diary.jp.aol.com/renaissancejapan/593.html#readmore

フリーメーソン-27  黒船襲来
http://diary.jp.aol.com/renaissancejapan/619.html#readmore

フリーメーソン-28  南北戦争と明治維新
http://diary.jp.aol.com/renaissancejapan/620.html

フリーメーソン-29  サッスーン財閥
http://diary.jp.aol.com/renaissancejapan/621.html

フリーメーソン-30  ジャーディン・マセソン商会
http://diary.jp.aol.com/renaissancejapan/622.html

フリーメーソン-31  ジョン万次郎
http://diary.jp.aol.com/renaissancejapan/623.html

フリーメーソン-32  近代日本とフリーメーソン
http://diary.jp.aol.com/renaissancejapan/624.html

フリーメーソン-50  亀山社中
http://diary.jp.aol.com/renaissancejapan/642.html

フリーメーソン-57  龍馬暗殺 〜幕末の政情〜
http://diary.jp.aol.com/renaissancejapan/649.html

フリーメーソン-58  龍馬暗殺 〜真犯人〜
http://diary.jp.aol.com/renaissancejapan/650.html

0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ