renaissancejapn@aol.com

2008/3/17

フリーメーソン-72  戦争男爵 ロスチャイルド  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します

この表は、日清戦争以降に日本政府が購入した戦艦でありますが、その大半はアームストロング社、ヴィッカース社など、イギリスのロスチャイルド系の兵器メーカーが製造元であります。



すなわち、日露戦争では、ロシアを満州から追い出すために日本を使いロシアと戦争をさせ、手持ち資金のない日本に、フリーメーソンのイルミナティの奥の院であるロスチャイルドは高金利で金を貸付け、その金で自分の持つ兵器会社から戦艦を購入させていますが、あまりの商売上手に、呆れるばかりであります。 


戊辰戦争で活躍したアームストロング砲は、1847年に設立し水力発電用機械を製造していた 「アームストロング社」 が、ロシアとのクリミア戦争を機に兵器製造に転換し、開発したもので、アームストロング社はイギリス政府の公認となり、ロスチャイルド系の会社であります。

しかし、クリミア戦争が終結し、1860年以降の軍事費の削減で、政府からの注文が減り経営難に陥り、1863年に事業の建て直しを図り、海外市場向けの兵器製造に転換し、ロスチャイルドや、その親族であるジャーディン・マセソンが、日本の明治維新の内乱で一儲けし、そのまま日清・日露戦争でも大儲けした会社です。

一方のヴイッカース社は、ロスチャイルド家と婚姻関係になったゴールドシュミット家の両家がスポンサーとなり、ロスチャイルドが会長の座を勤めてきた 「ヴィッカース社」 は、やがてアームストロング社と合併し、世界トップの兵器会社となりました。



フリーメーソン-7  イルミナティ
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/597.html
フリーメーソン-8  3つの世界大戦
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/598.html
フリーメーソン-9  グラントリアン(大東社)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/599.html
フリーメーソン-50  亀山社中
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/642.html
フリーメーソン-68  日清戦争
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/661.html
フリーメーソン-69  日露戦争
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/662.html
フリーメーソン-70  ジェイコブ・シフ
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/663.html
フリーメーソン-71  日韓併合
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/664.html






-------------------------------------------------------------------------













0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ