renaissancejapn@aol.com

2008/5/11

フリーメーソン-96  アウシュヴィッツ  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
アウシュヴィッツ強制収容所


アウシュヴィッツ(Auschwitz)とは、ポーランドの都市オシフィエンチムのドイツ語名ですが、1940年にポーランドを占領したナチス・ドイツによって強制収容所が設置され、1942年に大規模な拡張が行われ、今日 「アウシュヴィッツ」 といえば、単なる地名ではなく、この収容所、またナチスによって行われたユダヤ人の虐殺(ホロコースト)の事を意味します。



ナチス・ドイツが建設した強制収容所は、ポーランドの 「アウシュヴィッツ」 があまりに有名ですが、ミュンヘン郊外にある 「ダッハウ収容所」 が既に建設されています・
これは、ヒトラーが政権をとった1933年に建設されたもので、ナチスの政敵や同性愛者など非社会的とされた人々を収容するためのものでした。


フリーメーソン-95  アドルフ・ヒトラー
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/689.html


第二次世界大戦が終わり、ニュルングベルグ裁判が行われましたが、「ダッハウ収容所」でユダヤ人がガス室で殺戮されたとし、裁判で認められたため、世界中の人々が信じていましたが、1960年に公式に無かった事が発表されており、「ナチ・ハンター」として有名なユダヤ人活動家、サイモン・ヴィーゼンタールまでが、「ダッハウ収容所」を否定し、ドイツ国内には「絶滅収容所」はなかったとしています。


クリックすると元のサイズで表示します
ダッハウ収容所


元々ニュルンベルグ裁判でも、その証拠を問われたとき、シャワー室の水栓の写真が提示されただけで、反論も許さず 「このシャワー室はガス室を改造したものだ」 としていただけなのです。

また、ドイツ国内からの告発や、証言も多くあり、「ガス室だ」 としていたのですが、後でこれらの証言は全て嘘であった事が分かりました。  

どこの国にも、こういう人はいるのです。 何故かというと、国家が賠償に応じると巨額のお金が動くので、敵国からすると、自分たちに都合の良いように偽証させるために賄賂を贈っているのです。  

これが今日、ホロコースト産業と呼ばれ、世界でも問題になっているものです。 日本と中国・韓国の関係も同じで、このように汚く動き回っている卑しい日本人たちがいるのです。

一方で、彼らがメディアをつかって、自分たちに都合の良いようにプロパガンダしているのが分からず、洞察力がなく、すぐ真に受ける阿呆が、お金も貰わずにお祭り騒ぎしているケースもあります。 日本では、反日左翼主義者と呼ばれている、今日では希少品種の、少し脳みその足らない、無邪気で哀れなお馬鹿さんたちです。 


団塊世代と左翼思想
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/188.html


しかしながら、アウシュビッツ=ビルケナウ(1941年ポーランド内に、二番目につくられた収容所)など、ドイツ占領下でのポーランドにつくられた強制収容所で、多くのユダヤ人がガス室で殺戮されたのは事実であります。

ヨーロッパでのユダヤ人迫害は、第二次世界大戦に始まった事ではなく、古代ローマ時代にキリスト教を国家の正式な宗教とした時から既に始まっており、キリスト教会は、
「ユダヤ人がイエス・キリストを殺害した」として、「神殺し」の汚名をユダヤ人に着せて以来、ユダヤ人はキリスト教徒からの激しい迫害にさらされてきたのです。

ヒトラーが唱えた反ユダヤ主義は、キリスト教会が作り出した2000年間の西洋文明のシンボルであったとも言えます。 清貧思想で、キレイごとを並べるカトリック教会ですが、ことユダヤ問題になると、あのナチスにすらヴァチカンはエールを送り、ナチス政権を主権国家として、世界で一番最初に認めたのはヴァチカンなのです。


ヴァチカン市国
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1.html
キリスト教の勝利
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/468.html
日曜日が休日となった理由
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/467.html
反ユダヤ思想
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/469.html
ユダヤ人と金融
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/169.html
ローマ教皇とナチス
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E6%95%99%E7%9A%87%E3%81%A8%E3%83%8A%E3%83%81%E3%82%B9-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%A4%A7%E6%BE%A4-%E6%AD%A6%E7%94%B7/dp/4166603647/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1207356419&sr=1-1


ヒトラーが露骨にユダヤ人迫害が始めたのは、1938年11月9日の 「 水晶の夜 」 からで、ナチス党員の突撃隊がドイツ全土のユダヤ人住宅、商店、シナゴークを襲い、砕け散った窓ガラスが月明かりに照らされ、水晶のように輝いたことから、Kristallnacht(水晶の夜)と名付けられた事件であります。  


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


この事件によって、ドイツ国内の400のシナゴーク(ユダヤ教会)のほとんどが全て焼かれ、7500もの商店が壊され、暴力を受け、殺害されたユダヤ人たちの血や遺体、壊された建造物の瓦礫で、悲惨な光景であったようです。 この事件で、96人のユダヤ人が殺され、25000人のユダヤ人が強制収容所に送られました。 この事件を機に、ヒトラーはユダヤ人の大規模な国外追放を始めるようになります。


この時、ヴァチカンが、ナチスの残虐な行動を非難していれば、全世界に10億人はいるとされるカトリック信者たちや、カトリック・東方正教・プロテスタントなど合わせて約21億人はいるとされるキリスト教信者たちは、ナチスの蛮行を許すことはなかっただろうとされています。

また、イギリスのチェンバレン首相、フリーメーソンであったアメリカのルーズベルト大統領、フリーメーソンの自動車王フォードなども、敵国ながらユダヤ人迫害に関しては何ら行動を起こしておらず、日本人には理解できないキリスト教西洋文明の深い闇があるのは事実であります。

行動を起こさないばかりか、イギリスは、ポーランド・チェコ・ルーマニア・ブルガリア
などの国々からユダヤ難民1400人を乗せた 「タイガーヒル号」 を後方からイギリス海軍の巡視船から銃撃を浴びせ、多くのユダヤ人を殺害しており、

アメリカでは、1938年5月、ユダヤ難民を乗せ、ドイツからキューバに到着した「セント・ルイス号」 難民を、ヨーロッパに送り返し、1941年以降もユダヤ人虐殺の悲報がホワイトハウスに届けられながらも、ルーズベルト大統領は何ら行動を起こしていないのです。

このようにイギリスやアメリカから冷淡な態度をとられたユダヤ人にとって、ドイツと同盟関係にありながら、人権的立場から、ユダヤ人が脱出できるようにビザを書き続けた、リトアニア領事の杉原千畝には、今でも感謝してくれているのです。 また、あまり知られてはおりませんが、ダッハウ収容所でユダヤ人を開放したのは、アメリカ軍の日系人部隊であります。

1944-1945年の極寒の冬に、多くのユダヤ人たちが 「死の行進」 と呼ばれる、アウシュヴィッツへの移動を強いられましたが、アウシュヴィッツに着いたばかりの子供たちの写真があります。


クリックすると元のサイズで表示します
銃を突きつけられ連行される子供たち

クリックすると元のサイズで表示します
アウシュヴィッツに連行される小学生

クリックすると元のサイズで表示します
極寒のアウシュビッツに着いた子供たち

クリックすると元のサイズで表示します
アウシュヴィッツに監禁された子供たち


そこで、子供たちが見たものは、まさしくこの世の生き地獄でありました。


クリックすると元のサイズで表示します
丸坊主にされたユダヤ人女性

クリックすると元のサイズで表示します
食べ物を与えられずやせ細り、人体実験で皮膚の一部が黒くただれている子供たち

 

そして、子供とガス室に連れていかれた母親は、今から何が起ころうとしているのか、すぐに察しました。 

せめてあの世では、愛する我が子と一緒にと願い、幼子を離すまいと、しっかり抱きしめますが、無情にも子供は母親から引き離され、不安と恐怖に泣き叫びながら、ガス室に放り込まれてゆきました。

そして、子供の皮膚はきれいに剥ぎ取られてランプシェードにされ、母親は化学薬品で溶かされ、石鹸となり、お互い変わり果てた姿で再開を果たしたのでした。



クリックすると元のサイズで表示します
生き地獄から開放され、悲しくも安堵の表情にも見えるユダヤ人女性

クリックすると元のサイズで表示します
アウシュヴィッツに監禁され、殺戮されていった子供たち


このアウシュヴィッツのガス室で流れていた音楽は、ワグナーのマイスター・ジンガー、 また常にヒトラーと行動を共にし、指揮を振っていたのが、熱狂的ナチス党員のヘルベルト・フォン・カラヤン(党員番号1607525)。



クリックすると元のサイズで表示します
アウシュヴィッツのガス室



マイスター・ジンガー
http://www.youtube.com/watch?v=3rM96_RS1Os&feature=related
フリーメーソン-94  リヒャルト・ワグナー
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/688.html
ホロコーストの子供たち
http://www.youtube.com/watch?v=6ZlGCs78KEI&feature=related




戦争が終わって、ナチス・ドイツのユダヤ人に対する、このあまりに醜く、残酷な実態が白日のもとにさらされた時、生き残ったユダヤ人たちは制止を振り切って一斉にパレスチナに向かいました。


まるで、幼くして母親と生き別れになっていた子供が、再開した母親のもとに走ってゆくように。

このあまりに悲劇的な現実の前には、もはやシオニズムに正面切って反対を唱えれる人は、世界に誰一人いなかったのです。 




第二次世界大戦が終わり、イギリスはパレスチナ問題を国連に任せると宣言。 

そして、1947年11月29日、ニューヨークの国連本部で、国連総会ではパレスチナをアラブ人とユダヤ人の2つの国に分割し、エルサレムと周辺を国際監視下に置くという処置が採択され、

それから半年後にイスラエルは建国を宣言。




クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
 


イスラエル国歌 (Hatikvah =希望)
http://www.youtube.com/watch?v=H6WMtyuAazc&feature=related


Barbra Streisand Sings Hatikvah
http://www.youtube.com/watch?v=RHy29bn4zeE







-------------------------------------------------------------------------




















1

2011/9/5  16:02

投稿者:悪魔
ユダヤの人々は1万1千年前にアウラス2世に魔力で洗脳されてます 更にアルスゼムによって儀式宗教で洗脳
そして2300年前に自ら神の子を宣言しました
彼等が平和を得るには疑心暗鬼をやめ普遍的な愛に目覚める事です

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ