renaissancejapn@aol.com

2008/6/13

フリーメーソン-108  日本の原爆開発  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
仁科芳雄 博士 (1890-1951)


1942年6月、フリーメーソンのフランクリン・D・ルーズベルト大統領は、国家プロジェクトとして、原子爆弾の研究開発着手を決意し、1942年9月にレズリー・リチャード・グローヴス准将が責任者として着任し、マンハッタン計画はスタートしましたが、

日本では1941年(昭和16年)に、陸軍が理化学研究所に原子爆弾開発を委託し、1943年1月に同研究所の仁科博士を中心に開始されました。    もう一方で、日本海軍も1941年5月に京都帝国大学理学部教授の荒勝文策に、原子核反応による爆弾の開発を依頼し、1942年には核物理応用研究委員会を設けて、京都帝国大学と共同で原子爆弾の可能性の検討に入りました。

すなわち、日米共に、ほぼ同時期に原子爆弾の開発プロジェクトをスタートさせた事になります。




フリーメーソン-103  フランクリン・D・ルーズベルト  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/697.html
フリーメーソン-105  ハリー・S・トルーマン  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/699.html
フリーメーソン-106  オレンジ計画
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/700.html
フリーメーソン-107  ジョン・ホプキンス大学
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/701.html



日本帝国陸軍と日本帝国海軍の原子爆弾研究のプロジェクトコード名は、
「 二号研究 」 と 「 F研究 」 で、これは仁科博士の頭文字 「ニ」 と 核分裂( Nuclear Fission )の 「F」 をとったものです。


原子物理学に関しては、江戸時代生まれの長岡半太郎が、世界で最初に今日の原子構造を提唱し(ボーアは9年後に長岡の原子構造が正しかった事を証明)、以降 彦根忠義、仁科芳雄、荒勝文策、湯川秀樹、朝永振一郎、江崎玲於奈、西澤潤一 など、世界をリードしてきました。 


原子物理学 Atom Physics  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/130.html


何故か日本人で知る人は少ないのですが、世界最初にCPU ( メモリー機能を持ち、ソフトウェアによって動くIC )の概念を考え出し、Intel社に技術ライセンスしたのも、ビジコン社の嶋正利です。  その契約書まで、今日ではWebでも紹介され、1998年米国の半導体生誕50周年記念大会で、  "Inventor of MPU (Micro-Processor Unit)"
(マイクロプロセッサーの発明者) として表彰も受けております。



インテル CPU  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/132.html


話を、原子爆弾開発に戻しますが、日本では1934年に東北大学の彦坂忠義が、アインシュタイン、オッペンハイマー、ボーアなど欧米の超一流の科学者がまだ予期していなかった原子物理学理論を打ちたて、いずれそこから引き出されるだろう、巨大な破壊エネルギー、核兵器が誕生する事も予測していました。

しかしながら、彦根の論文は、欧米の学会、またボーアからも無視され、彼らは彦根(日本人)を嘲笑しながら、実はその先端理論を盗んでいたのです。

彦根は、 「 陽子と中性子が原子核内ではっきり分かれ、しかもその間に、宇宙最大のエネルギーが潜んでいる。 だから人類は、それを悪用せずに制御しなければならない 」 と説いたものの、日本の学界では、彼の考えを理解できず、彼の理論を認めようとしませんでした。 

自分に自信が無いから、欧米の一流の学者が認めたら、日本の学界も認めるという体質は悲しいかな現実であります。 

日本の物理学界に失望した彦根は、同じ東北大学の研究者の勧めで、米国の物理学会専門誌 「フィジカル・レビュー」 に、 「原子核エネルギー(利用)新法に就いて」 という論文まで送っています。

しかしながら、欧米の学会は彼の功績を認めようとせず、むしろ嘲笑し、ボーア博士に直接会って説明しても、認められることはありませんでした。

当時、ボーアの理論では、 「 陽子と中性子は分かれずに一体になって、ごく小さな液滴の形に似た原子核を作っている 」 としていたので、これでは核爆発など起こるわけがなかったから、彦根の論文を認めたくなかったのであります。

しかしながら、彼らの行った事は、彦根を嘲笑しておきながら、彦根の功績を盗用し、容陽子と中性子は別れているとし、原子爆弾の開発競争に入ったのです。

その情報をキャッチした、日本政府も、本格的に原子爆弾の開発を着手するようになったわけです。


日本の原子爆弾開発で最も大きな問題は、原料のウランを入手する事が困難であった事で、当時は人形峠のウラン鉱脈も知られておらず、福島県石川町などでは閃ウラン鉱、燐灰ウラン石、サマルスキー石などが採掘されましたが、含有量の少ない物がごく少量採掘されるだけであったのです。

すなわち、原子爆弾1個に必要な臨界量以上のウラン235の確保は絶望的な状況であったわけです。

そのため、日本海軍は上海の闇市場で酸化ウランを購入したり、ナチスドイツから二酸化ウラン(U235)入手を試み、日本海軍庄司元三技術中佐と友永英夫技術中佐、ドイツ空軍ウーリッヒ・ケスラー大将、海軍士官4名、ドイツ人技術者2人などを日本に送り届ける任務をうけて、潜水艦U-234に酸化ウラン(U235)560kgを積み、キール軍港を出港しました。

しかしながら、1945年5月8日、日本に向かうU-234は、大西洋上でドイツ無条件降伏の打電を受けました。 Uボート乗員たちは討議の末、日本人士官二人を監禁し、洋上で米軍の米護衛駆逐艦「サットン」SUTTON (DE 771)に降伏しました。

560Kgの酸化ウランは大きな量に思われるかも知れませんが、濃縮ウラン3.5kg相当に過ぎず、原爆に必要な50kgには到底及ばない量であります。

ともかく、原爆1個すらに必要なウランを入手できない日本において、原子爆弾の開発は現実無理であり、

昭和20年(1945年)5月15日のアメリカ軍による空襲で理化学研究所の熱拡散塔が焼失したため、研究は実質的に続行不可能となり、同6月に陸軍が研究を打ち切り、7月には海軍も研究を打ち切り、ここに日本の原子爆弾開発プロジェクトはなくなりました。

そして日本は、アメリカによる1945年8月6日の広島市への原子爆弾投下、8月9日の長崎市への原子爆弾投下で勝負はつき、9月2日にポツダム宣言受諾の降伏文書に調印。


日本の科学技術力に脅威を感じていたアメリカは、自分たちが原爆でやられる前に、早く決着をつけるために、日本に原爆を落としたという事も考えれるのではないかと、私は思うのであります。







-------------------------------------------------------------------------













6

2012/4/14  22:48

投稿者:UnkokusaiJapan
米国は、早くリトルボーイの設計図を公開せよ。
なぜいつまで隠しておくのか?
さて、Für und Wider [Hitlers Bombe]誰かこの本を翻訳して、サイトに掲載してくらさい。
◎昭和18年頃の新聞で、ドイツが核実験もどきを実施した由(チェコだったか)の報道があったとかの長岡半太郎が、陸軍兵器行政本部発行の雑誌で語る…。

2008/8/15  6:19

投稿者:Renaisancejapan
ドイツ製を使った事がバレた場合のリスクを考えたとき、彼らの名誉、またアメリカ国家の名誉にも傷がつくが故に、アメリカ政府・軍・科学者はそんな馬鹿なことはしないというのが私の意見です。

仮に100%貴殿の意見を尊重し、リトルボーイがドイツ製であったとしても、広島に原爆投下した時点で、アメリカはファットマン(長崎に投下)した原爆を持っていたのですから。 

それを単に試してみたかったからというなら、アメリカ内で実験すれば済むことです。 アメリカ国家、及びマンハッタン計画に携わる科学者の名誉をわざわざ傷つけるリスクを取る必然性がありません。

2008/8/14  21:15

投稿者:totton
>堂々とドイツ製を使ったと公言すればよいわけで、何故こそこそと隠さなければならないのでしょうか?

それに対する返答は、あなたもずばり指摘する、
>ドイツ製を使った事がバレた場合のリスクを考えたとき、彼らの名誉、またアメリカ国家の名誉にも傷がつきます。

原爆という道義性が問われる兵器を使用するだけでも議論を呼ぶものを、それが日本の当時の同盟国ドイツ製の物をベースにしたものを投下したとなると、ますます道義性は問われるでしょう。

ウラン型、プルトニウム型、両タイプあれば、両方とも試してみるのは自然の成り行きでしょう。
例えプルトニウム型1つのタイプを開発するだけでも、今まで存在しない、しかも恐るべき破壊力を秘める兵器開発となれば、それこそ試行錯誤の、労力を伴う、膨大な資金と時間を賭けるプロジェクトに変わりはありません。

必用も無いのに敢えて原爆を投下した国の政府です。
>アメリカ国家も科学者もドイツ製を使うことに同意するとはとても信じることは出来ませんし、

あまりにあの国の政府と科学者の「良心」を過信しすぎると思います。

2008/8/14  16:51

投稿者:Renaissancejapan
アメリカは原爆の開発に成功しておきながら、というのはファットマンを既に持ちながらという意味です。 文脈的には、別にリトルボーイを開発していなくてもと言う事です。 何か勘違いされているようです。

アメリカは既に、オリジナル原爆開発に成功しているのに、科学者、技術者、軍人にとって、ドイツ製の原爆の威力も試してみたいからドイツ製を使用したと言う事ですか、そしてドイツ製を使った事は恥であるので、それを国家機密として隠していると考えられているのですか。

それなら、最初からドイツ製を使わなければいいと思いますが、マンハッタン計画という巨大国家Projectを考えたとき、アメリカ国家も科学者もドイツ製を使うことに同意するとはとても信じることは出来ませんし、仮にそれだけドイツ製を使う意義があると考えるなら、堂々とドイツ製を使ったと公言すればよいわけで、何故こそこそと隠さなければならないのでしょうか?

2008/8/14  14:53

投稿者:totton
う〜ん、一連の投稿で、全体の文脈の流れで理解できると思うんですがねぇ。

>完成形が爆縮型のファットマンで、その過渡期に作られたものがガンバレル式のリトルボーイで、

であれば、ふつうに考えてウラン型を先に実験するというのが筋だと思いませんか?
まずこれだけで、あれ? と思わせるに十分です。

ドイツ製は起爆装置だけオリジナルというより、それをベースにし、少数の科学者・技術者だけ投入し独自に手直ししたとも言われています。
いずれにせよ元になっているドイツ製をベースにしているわけです。

開発期間の短縮効率を考えても完成への早道でしょう。
また科学者、技術者、軍人にとって、ドイツ製の原爆の威力も試してみたいと考えるのは自然な人間の感情の発露だと考えます。
しょせん「実験」を兼ねた実戦使用なわけですから。

>アメリカは原爆の開発に成功しておきながら、

両タイプともアメリカ完全オリジナルという前提に立っているようであれば、議論が噛み合わないのは、もうどうしようもありませんか。


2008/8/14  12:05

投稿者:Renaissancejpan
公式見解を鵜呑みにはしておりません。 ケースバイケースと申しております。 

8月6日に広島投下のリトルボーイがドイツ製と考えられている方々も、8月9日に長崎投下のファットマンはアメリカ製としているのですよね。

今回の議論でもっとも重要な、「アメリカは原爆の開発に成功しておきながら、何故ドイツ製の原爆を使う必要があるのか」 説明をお願いします。
 

2008/8/14  9:45

投稿者:totton
Renaissancejapanさんのコメントを読んでいると、「公式見解」をあまり疑うことことのない、ずいぶん素直な人だなぁという感じを一貫して持っています。

21世紀という時代は、それまで「20世紀の常識」とされてきた様々な事件・事象を、インターネットという新たなメディアの登場により、それまで一部の者のみが知り得なかった事実・真相を、一つ一つ検証し、一種催眠的に刷り込まれた事柄から「覚醒」していく、そして覚醒しなければならない時代と考えます。

我々はとっくに知っていて、それはもう疑う余地のない「常識」とされているものが、じつは徹底して刷り込まれたものが随分と多いということに気付きつつあります。
残念ながら映画「マトリックス」的な世界は、ただのフィクションでは無い事が多く露見してきましたね。

2008/8/14  3:24

投稿者:Renaissancejapan

リトルボーイがドイツ製であると信じる人たちは、ファットマンの実験確認は行っているが、リトルボーイでは行っておらず、秘密にしているからとしていますが、アメリカ軍は既に原子炉で核反応が確認(オークリッジ国立研究所)されているので、リトルボーイのウラン235型の実験は、テストを行う事で高濃度ウランが不足し、原爆の戦線への投入に遅れが生じるのを嫌がっただけの話であるとしています。 

また、リトルボーイとファットマンは全く別々に開発されると言うものではなく、完成形が爆縮型のファットマンで、その過渡期に作られたものがガンバレル式のリトルボーイで、開発プロジェクトしては一本で繋がっています。

リトルボーイが、7月31日に組みあがりましたが、原子爆弾の場合は、衝撃によっても反応が始まる可能性があり、当時は投下する直前に組上げるものでした。 戦場では、エノラゲイに原爆の技術者も同乗し、そこで火薬をつめたようです。

最も重要なことは、何度も申しておりますが、アメリカが既に原爆開発に成功しておきながら、何故ドイツ製のものを使う必要があると考えようとされるのか、理解に苦しみます。

2008/8/13  23:23

投稿者:totton
>ドイツ製を使った事がバレた場合のリスクを考えたとき、彼らの名誉、またアメリカ国家の名誉にも傷がつきます。

だからこそ今に至るもリトルボーイの技術情報は完全機密でディスクローズされないと考えます。
リトルボーイは完全な米軍主導のもと進行したそうです。
科学者主導で進行したファットマンとは対照的です。
ドイツ原爆は起爆装置に難があったそうですが、ウラン型は起爆メカニズムは単純なので独自に改良を加えたらしい。

アメリカはウラン型を入手できた為にプルトニウム型のみに専念できたと考えます。
戦後アメリカの原爆実験は全てプルトニウム型のみです。
ドイツは東欧地域支配でウラン鉱石の入手は容易でした。
アメリカはアフリカ・コンゴより入手せざるを得ません。

>リトルボーイの組み立て完了が1945年7月31日であったという資料も残っています。
6日後というのは相当にタイトです。私にはぶっつけ本番は、それこそリスク大と考えます。

>戦争に勝つ手段、それも原爆という強力な切り札を持っていたなら、普通の知能を持っていれば、可能性が低くてもそれに賭ける作戦を取ると思います。 
>原爆の開発に成功しておきながら、自ら使用しないというのは馬鹿げた考えです。

本当に勝とうとするなら原爆よりも、連合国をも驚愕させたそして当時最先端の神経ガスをドイツは保有していましたから、よほど毒ガス使用が有効です。
起爆装置や運搬手段に難点があるリスクを犯してまで実戦使用は、それこそ普通の知能で考えてギャンブルする気にはなれないはずです。

アメリカはウラン型を実験もせず、いきなりの実戦使用。
戦後今に至るもリトルボーイの技術情報を公開しようとせず最高機密事項。
この2点に何か、おや? と感じませんか?
私には決定的に引っかかる部分です。



2008/8/13  20:14

投稿者:Renaissancejapan
オフィシャルな表明を鵜呑みにするのはいけないと思いますが、ケースバイケースの話しであり、オフィシャルな表明が必ずしも偽りとイコールではありません。  今回のリトルボーイはドイツ製であるという説は、私は否定的で、もう少し詳しく見解を説明したいと思います。 ドイツが制空権を連合軍に奪われていても、戦争に勝つ手段、それも原爆という強力な切り札を持っていたなら、普通の知能を持っていれば、可能性が低くてもそれに賭ける作戦を取ると思います。 原爆の開発に成功しておきながら、自ら使用しないというのは馬鹿げた考えです。  また、アメリカにとって、ドイツ製の原爆を使うメリットが何もありません。 アメリカが開発に成功できていなかったなら、ドイツ製を使う可能性もあると思いますが、長崎に落としたファットマンがアメリカ製というのであれば、既にアメリカでは原爆の開発に成功していた訳ですから、わざわざドイツ製を使う必要はありません。  何より、マンハッタン計画で巨額の資金を使ったProjectでは関係者に成果が求められると同時に、ドイツ製を使った事がバレた場合のリスクを考えたとき、彼らの名誉、またアメリカ国家の名誉にも傷がつきます。 よって、ドイツ製を使う必要性が全くないのです。 やはり、アメリカはリトルボーイとファットマンの2種類の原爆開発に成功し、そのどちらも
実践で試したと考えるべきであると思います。 また、アメリカ側の資料に、リトルボーイの組み立て完了が1945年7月31日であったという資料も残っています。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ