renaissancejapn@aol.com

2008/6/21

フリーメーソン-113  ポツダム宣言受諾  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
1945年9月2日 ミズリー号艦上の降伏調印式で調印する 重光葵(しげみつ まもる)外相 


1945年(昭和20年)7月26日にポツダム会談で採択された、アメリカ合衆国・イギリス・中華民国から大日本帝国への13条からなる降伏勧告をポツダム宣言と呼びますが、8月8日にソビエト連邦が参加して、4ケ国の宣言となり、「米英支ソ四国共同宣言」とも呼ばれます。

広島と長崎に原爆を落とされた日本は、同年8月14日に受諾し、9月2日に東京湾内に停泊する米艦船ミズリー号の甲板で、昭和天皇・政府全権の重光葵外相と、大本営全権梅津美治郎が、連合国への降伏文書に調印し、ここに第二次世界大戦は終わりを告げました。



ポツダム会談は、敗北したナチスドイツの首都ベルリンの郊外にあるポツダムの、ツェツィリエンホーフ宮殿で、フリーメーソンのトルーマン大統領(米国)、フリーメーソンのチャーチル首相(英国)、スターリン首相(ソ連)の3ケ国首脳が集まり、第二次世界大戦後の処理と、日本の終戦について話し合われたものであります。


クリックすると元のサイズで表示します
ツェツィリエンホーフ宮殿

クリックすると元のサイズで表示します
ポツダム会談が行われた会議室


この会談には、蒋介石は呼ばれておりませんでしたが、このポツダム会談の結果を同意を得て、ポツダム宣言は発表されました。


フリーメーソン-103  フランクリン・D・ルーズベルト  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/697.html
フリーメーソン-105  ハリー・S・トルーマン  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/699.html
フリーメーソン-166  フリーメーソンとは何か-41 (李香蘭と蒋介石) 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/760.html


ここで、ポツダム宣言と中国にある遺棄化学兵器の処理問題について、話をしてみたいと思います。

日本は、ポツダム宣言を受諾し、所有していた兵器の所有権は、全て連合国側に引渡し、この時化学兵器の所有権は、中国に移りました。  中国は老朽し不要に鳴った化学兵器を廃棄しましたが、それには日本から没収した化学兵器、中国政府が製造した化学兵器、ロシアから供与されたロシア製化学兵器の3種類あります。

ご存知の通り近年、この化学兵器を日本の資金で、処分するよう要請し、村山内閣の時代に、村山首相と河野洋平外相は、平成11年に 「日本国政府および中華人民共和国政府による中国における日本の遺棄化学兵器の廃棄に関する覚書」を締結し、日本の費用で処理する事を約束してしまいました。

残存する遺棄化学兵器は、中国政府は200万発としていますが、20回以上に渡る日本側の調査では、どんない多くても70万発で、そのほとんどが日本製以外の化学兵器であることが分かっています。

しかしながら、このアホ左翼政治家どもは、中国政府とつるみ、約1兆円の日本側の支出を認めてしまっているのです。  

法的には、ポツダム宣言で、日本の化学兵器は全て中国に没収され、所有権が移転している為、日本が費用を出す必然性が全く無いにも関わらず、国際条約を無視してでも、このような愚かな事をやっているのです。 

中国政府もアホではありませんから、全てわかっているわけで、金と女で日本のアホ政治家を買収、もしくは買収せずとも日本の反日左翼政治家は自ら進んでやっているのです。

これは、ホロコースト産業と呼ばれ、現在世界的にも問題になっているもので、第二次世界大戦を利用して、巨額の金を、国家からゆすりたかろうというもので、従軍慰安婦問題とか、ドイツでもユダヤ側に都合の良いようにウソをつくドイツ人証言などがあり、彼らは裏でつるんでいて、ドイツ政府から巨額の金をむしりとろうとしている実際の例があります。  しかしながら、十分な調査をした結果、その大半がウソであった事が判明しております。

どこの国にも、卑しい連中というものはいるものですが、日本の場合は政治家がやっているところに問題があり、またそれを国民が黙って見過ごしているところにも大きな問題があります。

日本の国庫にお金が無く、老後安心して暮らせるだけの年金が支給出来ない、収入のない老人からも医療費を取り上げなければならない、両親を交通事故などで失った身寄りのない子供たちへの福祉等々、無駄使いが全く許されない日本において、このような腐れ政治家どもが、中国政府と癒着し、自国民に悲惨な生活を押し付けながら、自分たちの懐を暖めている現実があるのです。


フリーメーソン-167  フリーメーソンとは何か-42 (アウシュヴィッツとイスラエル建国) 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/761.html


次に、ポツダム宣言に関連した、北方領土の話を話をしますと、

ポツダム宣言の第8条に、 「カイロ宣言の条項は履行する」 とありますが、カイロ宣言とは1943年(昭和18年)11月に、エジプトのカイロにおいて、ルーズベルト大統領、チャーチル首相、蒋介石・国府主席が、会談を行った際に発表されたものとされ、日本に対して無条件降伏を要求し、降伏後の日本の領土を決定したと言われています。

ところが、驚くなかれ、この 「 カイロ宣言 」 の公文書自体、現在に至るまで世界の誰も見たことが無いものなのであります。  

そして、1955年(昭和30年)2月1日に、大英帝国の宰相・ウィンストン-チャーチル卿は、イギリス国会において、 「カイロ宣言」 の存在を完全に否定しています。

アメリカ国家公文書資料局・国務省条約局・連邦資料センター・ルーズヴェルト記念図書館・国会図書館と、ありとあらゆる場所を調査し尽くしても、 「カイロ宣言」 の署名公文書が存在しない事実は、今日では明らかになっています。


すなわち、ポツダム宣言を受諾した日本ですが、ポツダム宣言の第8条にある、領土問題を記したカイロ宣言の履行において、その公文書がない以上、北方領土を放棄しなければならない理由など、全くないのであります。

当たり前の話で、会社間の取引でもそうですが、個人レベルでちょこちょこと話した事と、正式な契約書とは、全く異なる話なのであります。


さらに、このカイロ会談では、蒋介石は 「 九州 」 の領土を要求しており、我々が耳にタコができるほど聞かされている、 「 蒋介石は、広い心で、賠償金や領土を奪うことに反対した 」 というのは、中国と、戦勝国側に尻尾をふる、反日左翼主義者たちの大きなデマ・捏造なのであります。

何故、九州を奪われなかったのかと言えば、親日派で反ソ連のアメリカの共和党が強固に反対してくれたおかげで、それどころかフーバー元大統領に至っては、「 日本はアジア防共の安定勢力であり、戦後も朝鮮と台湾の日本領有を認めるべきだ 」 と主張していたぐらいなのであります。


蒋介石においては、広い心どころか、日本が敗戦し、満州で活躍していた美人歌手の李香蘭(山口淑子)が軍事裁判にかけられ、収容所に監禁されていたとき、自分の妾になるなら処刑を許し、莫大な財産も保証しようと、言い寄った、腐れ男なのであります。


フリーメーソン-166  フリーメーソンとは何か-41 (李香蘭と蒋介石) 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/760.html


また、1945年2月4日〜11日、ソ連クリミア半島のヤルタ近郊のリバディア宮殿で、フランクリン・ルーズベルト米大統領、ウィンストン・チャーチル英首相、ヨシフ・スターリン・ソ連首相が出席し、第2次世界大戦の戦後処理について、連合国首脳会議が開催されたヤルタ会談では、

ドイツが降伏後に、日ソ中立条約を破り、日本に宣戦布告し、日本固有の領土であった、南樺太と、歯舞諸島、色丹島、択捉島、国後島の千島四島を、ソ連に引き渡すという密約のヤルタ協定についても、

アメリカ政府は1956年9月7日の公式声明で、ヤルタ協定は、当時の指導者たちが共通の目標を示した文書に過ぎず、領土移転のいかなる法律的効力をももつものでないことを宣言しています。


フリーメーソン-112  ヤルタ会談
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/706.html


すなわち、カイロ宣言をベースにしたポツダム宣言第8条の領土問題、ヤルタ協定で取り決められた 「 南樺太と北方四島 」 をソ連のものとするという、北方領土問題のいずれにおいても、国家としての公式なものではなく、国際法上何ら効力を持たないものなのであります。


それと、ヤルタ協定で、ルーズベルトとチャーチルが、スターリンに対して、南樺太と北方四島をあげるといった時点で、これらの領土は日本に属していることを証明しているのと同じです。

当たり前の話ですが、日本の領土を取り決めるのに、日本政府が知ることも無く、署名もしていないのに、第三国の政治家が勝手に話し合って決めた事を正式なものとして認める訳にはいけません。



こんな馬鹿げた事をいちいち説明しなければならない事にも疲れますが、戦勝国に尻尾をふり、彼らのプロパガンダに簡単にのせられ、小躍りする左翼の連中はホンマにアホですわ。  


団塊世代と左翼思想
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/188.html
フリーメーソン-75  カールマルクス  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/668.html


北方領土は、日本の領土です。



ポツダム会談では会議の直前に、トルーマン大統領に原子爆弾の製造成功の電報が届き、もはやソ連の力を借りなくとも、日本を倒せる事を確信したトルーマン大統領は、一気に強気となり、ヨーロッパの戦後処理をめぐる問題について、ロシアとほとんど合意に達することはなく、このポツダム会談から冷戦は始まったと言えます。


フリーメーソン-111  原爆投下
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/705.html


結局、ポツダム会談で、合意に達したのは、日本に対しての降伏勧告 「ポツダム宣言」 だけでありました。



ポツダム会談 ポツダム宣言
http://jp.youtube.com/watch?v=rx6B5vUobeg







-------------------------------------------------------------------------















2

2010/8/27  11:16

カイロカンファレンスでは、ローズベルトとの会談で蒋介石が九州を欲しがり、それを聞いたチャーチルが仰天したと言う話をよく聴きます。また、チャーチルが、九州占領はイギリスとして、何もない四国を蒋介石に占領させると言う提案をしたと言うことも聞きます。文献は何処に成りますか。教えてください。現在リサーチ中です。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ