renaissancejapn@aol.com

2008/9/5

フリーメーソン-166  フリーメーソンとは何か-41  李香蘭と蒋介石  フリーメーソン

第二次世界大戦中の満州国に、1937年国策の映画会社である満州映画協会(満州国と満州鉄道が50%づつ出資)が設立され、一世を風靡した美人女優のスーパースター、李香蘭 (山口淑子)が生まれました。

フリーメーソン-99  李香蘭
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/693.html
支那の夜
http://www.youtube.com/watch?v=xDRLruZ11VQ&feature=related
China Nights 支那の夜 (李香蘭)
http://jp.youtube.com/watch?v=ahUr1fF7ISo&feature=related



1920年2月12日、日本の支配下にあった満州の奉天省(現・遼寧省)の撫順にて、南満州鉄道株式会社で中国語を教えていた父山口文雄と母アイ(旧姓石橋)の間に、美しい女の子が生まれ、「淑子」と名付けられました。

彼女は幼い頃から中国語に親しみ、小学生の頃に家族で奉天(現・瀋陽)へ移住し、その頃に父親の友人であり家族ぐるみで交流のあった瀋陽銀行の頭取・李際春将軍の、義理の娘分(乾女兒)となり、「李香蘭」(リー・シャンラン)という中国名を得ました。

中国では、親しくなった家族間で、お互いの子供を義子縁組する習慣があり、実際に戸籍を移す法的な養子という関係ではなく、それぞれの姓でお互いの子に名前を付け合うものであります。

彼女は北京のミッションスクールを卒業し、幼馴染のロシア人リューバの母から紹介を受け、イタリア人でオペラ歌手のマダム・ポドレソフのもとに通い、ここで声楽を習いました。

当時、満州国には満州映画協会という、日本の国策映画会社があり、日中戦争開戦の翌年1938年に流暢な日本語が喋れる中国人映画女優「李香蘭」(リー・シャンラン)としてデビューする事になりましたが、

彼女は、中国人でなければなりませんでした。 それは、日本政府の国策で、実際的には侵略した日本人が、中国人に愛されているという映画を撮り、日本の国内外にアピールする必要があったからです。

そして、彼女は映画のみならず、主題歌も歌い大ヒットさせ、日本や満州国で一躍スターとなりました。

彼女のエキゾチックな美しさに日本人は、彼女が中国人であると思い込んでおり、一方の中国の人達も、彼女は中国人であると信じきっており、当時の苦しい状況下にあった中国の人達にとって、彼女の活躍は、自分の事のように嬉しく思っていたのです。

そして、ただ純粋に2つの祖国を愛した美しい少女は、時代に翻弄されてゆき、自分が日本人であることを公表できなくなっていったのでした。

中国の人々から愛された李香蘭は、上海から北京の両親のもとに帰郷し、北京飯店で記者会見を開き、自分は日本人であることを打ち明けようとしましたが、父の知人であった李記者招待会長に相談したところ、 「 中国が今この苦しい時に、あなたが日本人であることを告白したら、一般民衆が落胆してしまう。 それだけはやめてくれ。 」 と諭され、告白を取りやめたそうです。

李香蘭は、映画 「 支那の夜 」 ( 中国では 「 上海の夜 」 ) をはじめ、抗日から転向し、日本人を慕う中国人女性を演じ、中国に人々からも中国人であると思い込まれていたため、

日本の敗戦後、中華民國政府から売国奴(漢奸)の罪で軍事裁判にかけられ、収容されてしまいました。  人々は、いつ彼女が死刑になるのだろうと思っていたのですが、何故かダラダラと引き延ばされていました。

この理由は、なんとフリーメーソンつながりで日本政府を罠にはめた蒋介石が、李香蘭のファンであり、自分の妾になるなら、処刑を許すだけでなく、莫大な財産も保障されるという申し入れを、李香蘭にしていたのです。 これは、蒋介石の息子経国が認めている本当の話であります。

蒋介石の美女好きは有名で、彼の奥さん宋美齢も宋美人三姉妹の末っ子で、ちなみに宋美齢は、アメリカ系フリーメイソンのイースタン・スター結社の会員であります。

しかしながら、私はこのようなヘドのでそうな、やり方は好きにはなれず、蒋介石は自ら自分の価値を卑しめてしまっていると思います。  ファンであったなら、ウィンクの一つでもして、黙って逃がしてやるのが、器量人というものです。


フリーメーソン-89  蒋介石
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/683.html


李香蘭にとって、運がよかったのは、蒋介石の申し入れを断りながらも、蒋介石が処刑を引き伸ばしている間に、ロシア人の親友リューバの機転で、北京の両親の元から日本の戸籍謄本が届けられ、日本国籍であるということが証明され、漢奸罪は免れ、収容所から脱出でき、日本に戻れる事になりました。

時代と運命に翻弄された、李香蘭 (山口淑子)は、上海を出航した船がゆっくりと岸壁を離れると、甲板に出て、遠ざかってゆく、夕陽に浮かぶ上海の摩天楼を、涙を流しながら眺めていました。

船に流れていた曲が、自分の歌う 「 夜來香 」、李香蘭 26歳。


(夜來香の歌詞:日本語訳)
南風が涼しさを連れてきたわ
鶯が寂しそうに鳴いているね
花は夜みな眠りに付いたけど
夜来香だけが甘い香りを放す
夏の夜よ 一番素敵だわ
うぐいすの歌を聴きながら
夜来香の香りに酔わせて
花のような夢を見たいの
夜来香を抱いて
夜来香に口付け
あ〜 夜来香
あなたのことを歌うわ
あ〜 夜来香
あなたのことを思うわ


夜来香 & ふるさとのない女
http://www.youtube.com/watch?v=TcMdJNC8OUo&feature=related
夜来香_山口淑子(李香蘭)
http://jp.youtube.com/watch?v=A1CZDgwXgnI&feature=related
蘇州夜曲 1 (李香蘭)
http://www.youtube.com/watch?v=w0ht7Wkkc3s&feature=related
蘇州夜曲 2 (李香蘭)
http://www.youtube.com/watch?v=jwQjPFuMWp4&feature=related
心曲( Eternally )
http://www.youtube.com/watch?v=2pMIWnNLqlA&feature=related
山口淑子・李香蘭1
http://www.youtube.com/watch?v=nJfDEKD2rQ8&feature=related
山口淑子・李香蘭2
http://www.youtube.com/watch?v=UXilaFN4v-I&feature=related
山口淑子・李香蘭3
http://www.youtube.com/watch?v=S_MbTxAS5ws&feature=related
山口淑子・李香蘭4
http://www.youtube.com/watch?v=QLhsH_VziUg&feature=related


明治時代には蜜月であった日英関係でしたが、イギリスへの恩を忘れ、イギリス批判をする日本のお馬鹿な政治家たちのスキをつき、フリーメーソン人脈で日英分断を策略し、日英同盟の破棄に成功したのが、フリーメーソンの蒋介石で、以後日本はイギリスを敵に回し、坂道を転げるかのごとく破滅への道を歩んでいったのです。  これは、今日の日米関係をホゴにしようとするお馬鹿な日本人に対する教訓でもあります。


フリーメーソン-2  中国進出
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/592.html
日英同盟から学ぶ
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/146.html


戦勝国に尻尾をふり、彼らのプロパガンダにすぐのせられるアホの左翼主義者達は、日本の敗戦後に 「 蒋介石は、広い心で、賠償金や領土を奪うことに反対した 」  というデマを無邪気に信じておりますが、カイロ会談で蒋介石は 「 九州 」 の領土を要求しており、何故、九州を奪われなかったのかと言えば、親日派で反ソ連のアメリカの共和党が強固に反対してくれたおかげで、それどころかフーバー元大統領に至っては、「 日本はアジア防共の安定勢力であり、戦後も朝鮮と台湾の日本領有を認めるべきだ 」 と主張していたぐらいなのであります。  また、日本との戦争で勝利したのはアメリカの力であり、中国が図々しく領土を主張する権利は無いとしていただけの話なのであります。


フリーメーソン-112  ヤルタ会談
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/706.html
フリーメーソン-103  フランクリン・D・ルーズベルト  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/697.html
フリーメーソン-113  ポツダム宣言受諾
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/707.html


蒋介石においては、広い心どころか、日本が敗戦し、満州で活躍していた美人歌手の李香蘭(山口淑子)が軍事裁判にかけられ、収容所に監禁されていたとき、自分の妾になるなら処刑を許し、莫大な財産も保証しようと、言い寄った、腐れ男なのであります。

フリーメーソン-99  李香蘭
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/693.html
団塊世代と左翼思想
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/188.html
フリーメーソン-75  カールマルクス
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/668.html



フリーメーソンとは何か  まとめ  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/770.html







-------------------------------------------------------------------------













1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ