renaissancejapn@aol.com

2008/10/16

国家としての教育のあり方  教育

税金を増やしてでも、国公立の学校は、幼稚園から博士課程まで、全て無料化にすべきであります。  

国民全体の教育レベルの底上げを行うと共に、家庭の経済的理由で学ぶチャンスを失った子供にもチャンスを与える事ができる。  これこそが、平等・公平で活力に満ちた社会をつくれるように思うし、母数が多い分、優秀な人材(学歴のみならず、政治家、医者、科学者、法律家、翻訳家、作家、芸術家、音楽家、運動選手、芸能人、アニメ作家、etc)を発掘することができ、結果的には国家は繁栄し、税収も増え、年金問題も解決するのではないだろうか。 芸能人やアニメなども、あたれば外貨獲得に大きく貢献するのです。

1
タグ: 国家 教育費 無料

2008/10/18  0:28

投稿者:おg
お金をかけなくても、あなたみたいな人が、若い人にいろいろ教えてあげれば良い。私は、お金だけが物事を解決する方法だとは思いません。

2008/10/17  22:25

投稿者:Renaissancejapan
学校教育は、本当に面白くありませんでした。 私は、学校以外の本で歴史が好きになりました。 しかし、最近の学校は、面白くないだけでなく、教師の猥褻、いじめ、殺人など、マフィア顔負けの異常空間になっているようですね。 これじゃ子供も学校に行きたくないわ!

2008/10/17  17:47

投稿者:ヌマンタ
日本の公教育は、最低レベルに合わせる悪しき平等主義が横行しているので、教育熱心な親は私学や塾にお金をかけますね。日教組の問題もありますが、文部省も含めて、徹底的に見直す必要があると思います。

現在、世界に冠たる日本のアニメもゲームソフトも、公教育の枠外から育っているのが、荒んだ教育の現状を表している気がします。前例主義に毒された役人を産み出す手段としての公教育が、現状だと思います。

2008/10/17  16:05

投稿者:読者
GDP比率で言えば日本は公教育のお金の掛け方が
OECD諸国で最低らしいです

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ