renaissancejapn2020@gmail.com

2008/10/29

邪馬台国の女帝  女性を考える

未だに謎の多い、2〜3世紀にあったとされる邪馬台国と女帝の卑弥呼(175-248)。
第14代天皇、仲哀天皇の妻が、スーパーレディの神功皇后(じんぐう皇后:170-269)、何も難しいことはありません、邪馬台国の女帝は神功皇后であります。

学者の皆さん、もっと素直になりなさい。
0

2008/10/30  23:54

投稿者:yy
あと
AERA10.20号、「危機の引き金」CDS開発者が

独占反論・と。テリー・デュポンさん(36)は、世界

金融の中心地ロンドンで分刻みの日程に追われる

売れっ子のビジネスコンサルタントである
・・・このひとあの火薬軍事会社デュポン一族ですかね?

2008/10/30  23:37

投稿者:yy
日本のバブルのとどめを刺したのが
ソロモン・ブラザーズ証券の裁定取引で
ジョン・メリウェザーはその時副会長をやっていました
日本バブルをつぶしたソロモン・ブラザーズ証券
会長ポール・ボルカーはFRB元議長で世界銀行総裁におさまっています・・・とこんなかんじでしょうかね

2008/10/30  23:35

投稿者:yy
グレッグ・リップマンはあのマネックスショックを起こした松本大と
LTCMの代表メリウェザーとつながりがあります
ゴールドマンはボスがロスチャイルド、シティはロックフェラー
ベア・スターンズはグリーンスパン、それにモルガン
こいつらが市場を好きに操作していて1929の時もほぼ同じです

2008/10/30  23:33

投稿者:yy
こんばんは 興味深い記事をみつけました

米サブプライム危機の種−ウォール街「G5」が中華を食べながらまいた

会議の主催者はドイツ銀行のトレーダー、グレッグ・リップマン氏(当時 36)だった。

同氏は住宅ローン担保証券から、企業の信用商品と同様に大きなウォール街の収益源を育て
ることを夢見ていた
ゴールドマン・サックス・グループのトレーダー、ラジブ・カミラ氏(同34)、ベアー・ス
ターンズのトッド・クシュマン氏(同32)。シティグループとJPモルガン・チェースの代
表者も招かれていた。
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=email_japan&refer=&sid=a1T0LHb3Wh_U

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ