renaissancejapn@aol.com

2009/2/7

マクドナルドとロスチャイルド  国際政治・金融・企業
 クリックすると元のサイズで表示します
マクドナルド1号店 (シカゴ)


ハンバーガーのルーツは、ロシア南東部のタタール地方に住む遊牧騎馬民族が食べていたタタ−ルステーキ(馬上食)であります。 それが、ヨーロッパの大航海時代に船乗りたちによって、ドイツの港町ハンブルグに伝わり、ヨーロッパ人好みにアレンジされました。 19世紀後半になると、多くのヨーロッパ人がアメリカ大陸に渡りましたが、そのなかのドイツ系移民が持ち込んだ料理がハンブルグのステーキで、これがハンバーガーの語源であります。  この頃のハンバーガーは単なる挽肉のステーキですが、これをパンに挟んで、今日のハンバーガーにしたのは、1904年にアメリカのセントルイス万国博覧会で、ドイツ人の経営する店が、ハンバーガーをパンに挟むことにより、手に持っても熱くなく、歩きながら食べれるという事を思いつき、これが大当たりして今日のハンバーガーとなりました。  

こうして、瞬く間にハンバーガーは全米に広まり、1937年にカリフォルニア州パサディナで、マウリスとリチャードのマクドナルド兄弟が始めたのが、客が乗りつけた自動車まで食事を運ぶドライブスルーレストランで、開業してすぐに手軽で美味しいハンバーガーセットは人気となりました。


やがて、マクドナルド兄弟は、ロサンゼルス東部の住宅地サンバーナディーノに店を移し、ここで初めて 「マクドナルド」 の看板を掲げる事になります。  ここでも店は大繁盛し、ハンバーガーを待つ長い車の列に終われる毎日が続き、兄弟は何とか短時間で仕上げる方法はないかと知恵をめぐらせ、調理方法を手順化し、規格化された機器の改良や店舗作りを模索し、店舗のチェーン化についても考えはじめました。

この頃は、ゴールデンフィフティーズと呼ばれた、アメリカが最も繁栄し、輝いていた時代であります。

1954年のある日、レイ・クロックという男が店にやってきました。 彼は、紙コップ会社を辞め、独立してミルクシェイク用ミキサーを売り歩いていましたが、マクドナルドの評判を聞きつけて、シカゴから商談に訪れたのです。

彼は、マクドナルドの流れるようなセルフサービス、統一感のある店づくり、行列ができるほどの人気に、あらためて驚き、その素晴らしさを理解し、どうしても店を手に入れたいという欲求にかられました。 

チェーン化の構想をもちながら具体策をもたないマクドナルド兄弟と、ビジネス経験が豊富なクロックの思惑は一致し、結局シカゴに帰ったクロックは、チェーンに加盟する権利を売る会社として、後のマクドナルド・コーポレーション社を設立、クロックの読みどおり加盟店を募ると、参加を希望する人々が次々に集まってきました。 こうしてようやく軌道に乗りかけたとき、兄が病気がちになったマクドナルド兄弟は、すべての権利を270万ドルでクロックに売却し、引退しました。

クロックは、すでにマクドナルドのブランドが、カリフォルニアやイリノイ州などの各州に浸透している事から、オーナーになった自分の名前に変更することなく、マクドナルドのブランド名を継承しました。 これも、マクドナルド社の成功の要因の一つでもあります。

さて、しかしながら、いくら街の評判になったハンバーガー屋ごときが、今日のように全世界に店舗を構えるようになることはありません。 また、マクドナルドの会長兼CEOのJack M.Greenbergがシカゴのアメリカン・イスラエル商工会議所の名誉会長であり、マクドナルドがイスラエルを支援する「Jewish United Fund (ユダヤ人基金)」 及び「Jewish Federation (ユダヤ人協会)」の主要な企業パートナーであることから、イスラム・アラブ諸国から「イスラエル支援企業」として、不買運動が呼びかけられますが、何故でしょうか。


オバマ大統領 君もそうなのか  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/837.html
国務長官 ヒラリー・クリントン  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/838.html
駐日大使 ジョセフ・ナイ  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/839.html


全世界規模の会社となり、また親イスラエルとなれば、ユダヤ系国際金融財閥ロスチャイルドの影を感じざるを得ませんが、検証していきましょう。

今日も、金・銀・白金・パラジウムなどの貴金属は、ロンドンのロスチャイルド銀行の黄金の間で、それぞれのフィキシングメンバーと呼ばれる業者が各社の世界中の顧客から出される売買注文に対し、一定の時間に集中的に競りを行い、売り買いの注文数量が見合うか、できる限り近くなる価格を決定しています。 この価格はフィキシングの瞬間だけ有効なものであり、フィキシングが終了すると、通常の価格形成がなされ、公共性の高い一つの指標価格として全世界の生産者・需要家等の契約で用いられています。 一日のフィキシングの開始時間及び回数は、金が10時30分(午前)と15時(午後)の2回であります。

このように、今日も毎朝、ロンドンのロスチャイルド銀行の黄金の間で、ロスチャイルド家当主をはじめ5人で全世界の金価格の値決めが行われています。  後の4人は、「モカッタ・ゴールドシュミット商会」、「シャープス&ピクスレー商会」、「サミュエル・モンタギュー商会」、「ジョンソン・マッセイ」からの代表者です。 そして、これらの会社のオーナーは、すべてロスチャイルド家と縁戚関係にある一族であります。

モカッタ・ゴールドシュミット商会は、コロンブスがアメリカ大陸に向かった時代からスペインで活動していた一族がロンドンで、モカッタ家を名乗り、シティーを支配するゴールドシュミット家と組んでできたもので、このゴールドシュミット家もロスチャイルド家と同じく、フランクフルトのゲットーから這い上がったユダヤ系金融財閥であります。 ゴールドシュミットとは、金細工職人という意味でありますが、同時に金貨扱い業者でもあります。


スペイン国王 カルロス陛下
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/814.html
クリストファー・コロンブス
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/815.html
ポトシ銀山
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/816.html
石見銀山 と ブリオリズム  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/817.html
エリザベス1世
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/820.html
スペイン無敵艦隊の敗北
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/823.html


このゴールドシュミット家も古代ローマ時代に、ローマ帝国によって滅ぼされ、イスラエルから追放され、全世界に離散を余儀なくされたユダヤ人は、ユダヤの戒律を守りながら、故国なき民として生きるための知恵を体得してゆきましたが、16世紀頃にドイツのフランクフルトに大量に移住しはじめましたが、その中の一つの家族であります。


第一次ユダヤ戦争
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/462.html
嘆きの壁
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/464.html
第二次ユダヤ戦争
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/465.html


お金を汚いものとした清貧思想のカトリックキリスト教では、金貸しビジネスをユダヤ人に押し付けたため、ゲットーは差別としてのユダヤ人隔離のための、ユダヤ人居住区であると同時に、中世の金融街を形成して行きました。


ユダヤ人と金融
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/169.html


ゴールドシュミット家は、中世のゲットーで大きく育ち、18世紀に入ってから、この一族から一人の大きな巨人を輩出し、ロンドンのシティを支配する金融業者になってゆきます。

ロスチャイルドも、フランクフルトのゲットー出身ですが、フランクフルトで傭兵ビジネスを行い、当時世界を支配していた大英帝国に兵士を送り出すビジネスで成功し、ヨーロッパNo.1の金持ちとなったヘッセン公爵のヴィルヘルム9世に古銭ビジネスでとりいったのをきっかけに、世界を支配する国際金融財閥となってゆきます。

ロスチャイルド家の創始者マイヤー・アムシェル(1744-1812)には5人の子供がおり、フランクフルトを本家とし、それぞれフランクフルト、ウィーン、ロンドン、パリ、ナポリに支店を任せ、各国の王族の金庫番となっていきました。 なかでも、ロンドンとパリの支店で大成功を収め、ロスチャイルドの活動拠点はロンドンが中心となっています。 ロスチャイルド家の掟は、男子相続であり、フランクフルト家では後に男子が生まれず、フランクフルト家最後のミンナ・ロスチャイルドが結婚した相手が、同じフランクフルト出身のユダヤ系財閥ゴールドシュミット一族のマクシミリアンであります。

このマクシミリアンの弟の孫が、今日の世界的投資家のジェームズ・ゴールドシュミット(英語的にはゴールドスミス)ですが、このゴールドシュミット一族が、マクドナルドの大株主であり。 また、環境問題にうるさい欧米の企業ですが、マクドナルドではやたらと紙の無駄遣いを感じられている方も多くおられると思いますが、これは1980年代にジェームズ・ゴールドシュミットが買収した「ダイヤモンド・インターナショナル(旧名ダイヤモンド・マッチ)」は、今世紀はじめにJPモルガン商会が買収した安全マッチの大会社で、広大な面積の森林をもつ木材加工業者から特殊紙製品を支配する企業となっており、この会社がマグドナルド店で使われる広告紙、紙コップ、皿などを供給しています。  日曜大工の「Do it yourself」も、彼によって買収された企業の一つであります。

これで、マクドナルドはユダヤ系国際金融機関のゴールドシュミット=ロスチャイルドによって支配されており、同じくイスラム-アラブ諸国から不買運動を起こされるロスチャイルド系のコカコーラの存在も理解できると思います。 特にアメリカの2大政党の共和党(ロックフェラー支援:キリスト教系)と民主党(ロスチャイルド支援:ユダヤ系)は極めて政治的で、ロックフェラー系のケンタッキーフライドチキンやピザハットには同じくロックフェラー系のペプシコーラが置かれており、ロスチャイルド系のマクドナルドには同じくロスチャイルド系のコカコーラが置かれているわけです。

世界中に展開するマクドナルドですが、ペプシコーラを置いている店はありません。 もし置いている店があったら、是非教えて下さい。

ハリウッドもアメリカ民主党を支援している事はご存知のとおりで、ハリウッドのマイケルムーア監督が、共和党のブッシュ大統領を執拗なまでに攻撃していたのも記憶に新しいところです。 これは、ハリウッド映画産業が東欧・ロシアから移民としてアメリカにやってきたユダヤ人たちによってつくられたからであります。 


「パラマウント」は、ハンガリー系ユダヤ人のアドルフ・ズーカーが創立、
「20世紀フォックス」は、ハンガリー系ユダヤ人のウィリアム・フォックスが創立、
「ユニバーサル映画」は、ハンガリー系ユダヤ人のカール・レムリが創立、
「ワーナーブラザーズ」は、ポーランド系ユダヤ人のベンジャミン・ワーナーが創立、
「メトロ」は、ユダヤ人のマーカス・ロウが創立、
「MGM」の母体はメトロで、ユダヤ人のーカス・ロウ、ユダヤ人のサミュエル・ールドウィン、ロシア系ユダヤ人のルイス・B・イヤーが創立。 MGMは彼らの名前を合わせたものです。


共和党大統領のレーガンをハリウッドが応援したと勘違いする人がいますが、そりゃ同じハリウッド出身のレーガンを個人的に応援する人もあるでしょうが、それはハリウッドという映画産業組織団体が応援したわけではありません。 反日左翼の人が、日本国家や日本人を辱めるような言動を行っても、彼は日本人かも知れませんが、日本国家が行っているわけではありません。

むしろ、レーガン大統領はハリウッドの映画俳優組合(SAG)の委員長の立場にありながら、左翼主義者の多い民主党を支援しているハリウッドの左翼主義者狩りを行った強硬派で、ハリウッドからは非難されていたのです。

また、マフィアに関しても彼らの上にはロスチャイルドを頂点とするユダヤ人がいて、彼らを支配しています。 19世紀後半から20世紀初頭にかけては、農作物の不作や失業などを背景に、イタリアからアメリカに大量の移民が渡りました。 しかしながら、新天地には既にイギリス人、スコットランド人、ドイツ人、ユダヤ人が居て、イタリア人やシチリア人には社会の最底辺の仕事しか与えられず、差別・トラブルも多くありました。  そこで、彼らは結束を高めるために、祖国同様の仲間を裏切らない組織、マフィアを結成する事になります。 マフィアは、次第に犯罪集団と化し、縄張り争いから抗争を繰り返すようになります。

その中から、アルカポネ(ナポリ出身・シカゴ拠点)、ラッキ・ルチアーノ(シチリア出身・ニューヨーク拠点)などの大物マフィアが登場します。 彼らの資金源は、禁酒法で莫大な富を手にした、カナダに拠点を置く、ウクライナ出身のユダヤ人、ブロンフマン一族(シーグラム所有)、またブロンフマンと組み酒と麻薬で大儲けしたロシア・ベラルーシ出身のユダヤ人、マイヤー・ランスキーなどであり、イタリアンマフィアの上には必ず、ユダヤ資本家がいました。  ブロンフマン家もロスチャイルド一族です。

ロシアのベラルーシ出身のユダヤ人、マイヤー・ランスキーが、ネバダ砂漠のラスベガスにギャンブル王国を築き、歴史に名を残す事になりましたが、余った金をハリウッドにもつぎ込みました。 ラスベガスで真っ赤にライトアップされたホテルフラミンゴは彼がつくったものです。

また、女性の皆さんが好きなルイヴィトン、クリスチャンディオール、フェンディ、セリーヌ、ジバンシーなどのファッションブランドもロスチャイルドグループです。


LVMH(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/29.html


この世界は、金融から、ファッションブランド、ファーストフード、映画、マフィアに至るまで白人により支配されており、その白人の上にはユダヤ人がいるのです。


フリーメーソン-170  フリーメーソンとは何か-45 (イルミナティと中央銀行支配)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/764.html


そして、それは、旧約聖書のノアの箱舟で有名な、ノアがかけた呪いそのものになっているのです。


ノアの泥酔
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/208.html
ノアの燔祭
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/207.html
大洪水
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/206.html
本当にあった大洪水
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/233.html


旧約聖書(創世記9章)

箱舟から出たノアの息子は、セム、ハム、ヤフェトであった。 ハムはカナンの父である。 この三人がノアの息子で、全世界の人々は彼らから出て広がったのである。

時が経ち、ノアは農夫となり、ぶどう畑を作った。

あるとき、ノアはぶどう酒を飲んで酔い、天幕の中で裸になっていた。 カナンの父ハムは、自分の父の裸を見て、外にいた二人の兄弟に告げた。 セムとヤフェトは着物を取って自分たちの肩に掛け、後ろ向きに歩いて行き、父の裸を覆った。二人は顔を背けたままで、父の裸を見なかった。  ノアは酔いからさめると、末の息子がしたことを知り、こう言った。 

「カナンは呪われよ 奴隷の奴隷となり、兄たちに仕えよ。」 また言った。


「セム(ユダヤ人)の神、主をたたえよ。 カナン(黒人)はセム(ユダヤ人)の奴隷となれ。 神がヤフェト(白人)の土地を広げ セム(ユダヤ人)の天幕に住まわせ カナン(黒人)はその奴隷となれ。」


ノアは、洪水の後、350年生きた。  ノアは950歳になって、死んだ。


--------------------------------------------------------------------------

セムの子孫は黄色人種系、ハムの子孫は黒人系、ヤフェトの子孫は白人系であるとされ、人種の分裂は、この時期から次第に明確になっていったとされており、

欧米において黒人が奴隷として使役され、その事に、欧米の人々が良心の呵責を感じないのは、旧約聖書の創世記「ノアの泥酔」の話の中の、「ノアの呪い」に思想の原点があり、正当化されているためだとも言われている。

ノアは人類史上かけがえのない人物であり、ハムはまさに父であり、命の恩人でもある「第二のアダム」となるべきノアを口汚く罵り、ノアが裸で泥酔している姿を見てそれを“破廉恥な醜態”として吹聴してしまった。 そのハムの行為は、神が最初に創造したアダムとエバの家庭の聖なる伝統を踏みにじってしまうほどの大罪となってしまった。 また、男色癖のあったハムは、泥酔いし、寝ている父ノアを犯してしまったという説もある。

--------------------------------------------------------------------------
10

2018/6/17  7:22

投稿者:イルミナティ人間牧場
日本のマクドナルドも人肉を使っているのだろうか?

2009/2/14  18:21

投稿者:renaissancejapan
キングさん、貴重な情報ありがとうございました。 もっと世界的にも調査してみたいですね。 ロックフェラーとロスチャイルドが手を結んだ件ですが、1980年代にあまりに強かった日本に対抗するために、彼らは1993年に手を組んでいます。 カトリックの総本山バチカンが、「キリストの死をユダヤ人全体のせいにしたのは誤りだった」と教義を訂正し、バチカンとイスラエルが基本合意に調印し、キリスト教徒とユダヤ教徒が1993年に12月に約2000年ぶりの和解をしたのも、単なる宗教問題として捉えてはなりません。 実際に、1993年頃からロックフェラー系とロスチャイルド系の多くの企業が合弁事業をはじめました。 詳しくは、私が以前投稿した記事を読んでみてください。
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/481.html

2009/2/13  17:38

投稿者:キング
"マクドでペプシ"の画像をゲットしました!
アメリカミネアポリスのMall Of America内のマクドナルドです。
http://www.mallofamerica.com/young_adults_tenant_profile_objectname_McDonalds_S391.aspx

ソースはここ
http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20081102143531AA83lPs

こちらでも話題になってます
http://www.labelscar.com/minnesota/mall-of-america
"pepsi"でページ内検索してみてください。

探せば例外的にあるんでしょうね。

http://www.cbsnews.com/stories/2007/03/13/business/main2562896.shtml?source=RSSattr=Business_2562896

2009/2/12  7:30

投稿者:ひかる
ジェイ・ロックフェラーがロスチャイルドと手を組んでいるという話もありますね。
http://sunsetmoon2020.blog61.fc2.com/blog-entry-370.html

2009/2/11  12:19

投稿者:読者
最近
『金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った』なる本を読みました。真偽のほどは、よくわかりませんが、とても面白く読みました。世の中のことについて視点を変えなければと一段と思うようになりました。
こちらのサイトも大変、興味深く訪問させていただいております。

2009/2/10  22:29

投稿者:renaissancejapan
キングさん、情報ありがとうございました。 このマックとぺプシだけで結構遊べますね、いろんなことが分かって楽しいです。

リプトンは、コテコテのロスチャイルドグループです、中国が阿片で支配されていた頃、上海の阿片王はサッスーン財閥ですが、ロスチャイルドと縁戚関係にあり、この両家はイギリス最大の銀行HSBC(香港上海銀行)にも大きく関わってきました。 リプトンはもともとサッスーン財閥のもので、今回の投稿でも紹介しましたが、ミンナロスチャイルドと結婚したゴールドシュミット(英語的にはゴールドスミス)一族のJ・ゴールドスミスがロスチャイルド家から譲ってもらい、現在はアーガイル公爵家が所有しています。 

今回紹介していただいた記事では、ロスチャイルド系のマクドナルドに、ロスチャイルド系のリプトンが置いてあっても何ら不思議ではありませんし、またペプシコーラを置いてあるわけでもなく、ロスチャイルド系のコカコーラが置いてあるわけですから、何を大げさに騒いでいるのだろうという印象です。

日本でもリプトンの缶入り紅茶は、三国コカコーラが販売しています。 あえて、ペプシとの関係を説明するなら、米国リプトンとペプシは販売提携していますので、それだけでペプシの名前が出てきただけの話であり、リプトンは決してペプシグループの会社ではありません。
単に、マクドナルドとペプシの組み合わせは、世界的に話題になるので、この小さな関係を面白おかしくするために大げさに騒いでいるとしか思えません。

リプトンはロスチャイルド系の会社であり、マクドナルド店でペプシコーラが売られていたわけではありません。

フリーメーソン-29  サッスーン財閥
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/621.html
フリーメーソン-98  安室奈美恵 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/692.html
フリーメーソン-3  HSBC (香港上海銀行)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/593.html

2009/2/9  2:07

投稿者:ひかる
お世話になります。実は私も以前よりコーラに関してrenaissancejapan様と同じ認識でした。http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=163426
ところが、あるチャットでこの話題になったときに、ある方から英文のURLを見せられマクドナルドでペプシコーラを提供しているっていうのを聞かされ驚きました。私は英語が苦手なので翻訳ソフトで翻訳しましたが、あまり内容がわかりませんでした。それで日本語サイトを検索していて見つけたのが昨日のインドのマックの紹介でしたhttp://news.livedoor.com/article/detail/3630032/

2009/2/8  18:18

投稿者:renaissancejapan
Mac Donald's India のHPでも、メニューにコカコーラはありますが、ペプシコーラはありません。
http://www.mcdonaldsindia.com/main.html

beverages (cold drink)
Fanta
Coca Cola
Sprite
Iced Tea
Cold Coffee
Mineral water

とあるのが分かります。

2009/2/8  8:58

投稿者:renaissancejapan
ひかるさん、貴重な情報ありがとうございました。
インドのマクドナルドは少し特別で、マクドナルドがインドに進出できたのは1996年と新しく、それでも牛肉(インドでは牛は神聖なもの)を使うマックとして焼き討ちにもあいました。 ですからインドのマックは牛肉0%です。 それと、アジアのイスラム諸国(インド、スリランカ、マレーシア、インドネシア、他)では、対イスラエル制裁としてコカコーラの不買運動があり、レストランでコカコーラが置けない場合があり、今回紹介してくれた記事も特別なケースだと思います。 インドでもマクドナルド店におくドリンクはコカコーラが基本であり、決してペプシが標準であはありません。 インド進出第一号店のマックで食べた人の記事を紹介しますが、コカコーラです。

前回 気になってたマクドナルドに行ってみる。インド進出1号店らしい。
チキンバーガー・コーラ・ポテトのセットで100Rs!!!
http://www009.upp.so-net.ne.jp/nakatuka/private/06india2/06india7.html

また、アメリカのマクドナルドのHP、日本マクドナルドのHPにマックのメニューが紹介されていますが、いずれもコカコーラで、ペプシはありません。

http://www.mcdonalds.co.jp/quality/basic_information/menu.php

http://nutrition.mcdonalds.com/bagamcmeal/nutrition_facts.html


2009/2/8  4:05

投稿者:ひかる

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ