renaissancejapn2020@gmail.com

2009/6/6

ローマ帝国の物語-34 ガイウス・ユリウス・カエサル  ローマ帝国の物語
クリックすると元のサイズで表示します
Gaius Julius Caesar ( ローマ太陰暦BC.100年7月13日 - ユリウス暦BC.44年3月15日 )


カエサルは、共和制ローマ末期の、最大の軍人、政治家、かつ文筆家で、彼の生きた紀元前1世紀は、ローマ史上 「内乱の一世紀」 と呼ばれた時代で、内乱に加えて、スパルタクスの反乱やゲルマン民族の侵入などが相次いだ、まさに戦国の世に、カエサルはローマの政界に登場。

彼は、ジュリアス・シーザーとも呼ばれますが、これは英語読みで、ラテン語読みでは、ユリウス・カエサルとなります。 また、彼の生まれた7月がユリウス(Julius)の月、Julyと呼ばれるようになりました。






------------------------------------------------------------------------








3


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ