renaissancejapn@aol.com

2009/6/24

ローマ帝国の物語-45 オクタヴィアヌス  ローマ帝国の物語
クリックすると元のサイズで表示します
Gaius Julius Caesar Octavianus, 紀元前63年9月23日〜紀元14年8月19日


ローマ共和制復帰宣言から、わずか3日後の1月16日、かつてユリウス・カエサルの副官であったムナティウス・プランクスが、オクタヴィアヌスに「アウグストゥス(尊厳なる者)」の称号を贈ることを提案し、元老院は満場一致で国の全権を掌握するよう懇願。  これにより共和制は、オクタヴィアヌスが巧妙に偽装しつつ、元老院議員達には気付かれないうちに終焉し、ローマは帝政へと移り、初代ローマ皇帝アウグストゥスが誕生します。





------------------------------------------------------------------------








1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ