renaissancejapn@aol.com

2009/6/25

ローマ帝国の物語-46 アウグスブルグ  ローマ帝国の物語
クリックすると元のサイズで表示します
ドイツ ロマンチック街道


ロマンチック街道の北の端は、ヴュルツブルグで、江戸時代に来日した医学者シーボルトが生まれたところで、レントゲン博士が1895年にレントゲン線を発見したのが、ヴュルツブルグ大学です。  そして、ロマンチック街道に最古で最大の、アウグスブルグという街がありますが、紀元前15年にローマ皇帝アウグストゥス(=オクタヴィアヌス)が、ローマ属州の軍事拠点として築いたのが名前の由来で、古くから交易で栄えた街であります。  ロマンチック街道の最南端の街はフュッセンで、シンデレラ城のモデルとなった世界一美しいノイシュヴァンシュタイン城があります。



ローマ帝国の物語-45 オクタヴィアヌス
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/909.html
ローマ帝国の物語-44 共和制ローマまとめ
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/908.html
ローマ帝国の物語-43 アントニウスとクレオパトラ-3
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/907.html
ローマ帝国の物語-42 アントニウスとクレオパトラ-2
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/906.html
ローマ帝国の物語-41 アントニウスとクレオパトラ-1
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/905.html
ノイシュヴァンシュタイン城
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/53.html







------------------------------------------------------------------------








2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ