renaissancejapn@aol.com

2009/7/16

ローマ帝国の物語-60  ピエタ  ローマ帝国の物語
クリックすると元のサイズで表示します
■ ピエタ(Pieta)  1499年
  174×195cm | Marble | Basilica di San Pietro, Vatican
  ミケランジェロ・ヴォナローティ ( Michelangelo Buonarroti ) 作
http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/michelangelo_pieta.html


ピエタとは憐憫や敬虔の意味を持つラテン語から発生したイタリア語で、十字架から降ろされたキリストを優しく慈悲を持って抱き、その死を嘆く聖母マリアの姿の事で、欧米のキリスト教徒は、ピエタ像を見ると感情がこみ上げてくるそうです。

ゴシック期以降は彫刻の他、絵画などを含む図像の総称として、この名称(ピエタ)が使用されるようになりました。






------------------------------------------------------------------------








1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ