renaissancejapn@aol.com

2009/10/28

マキアヴェリ  -15  マキアヴェリ挫折  マキアヴェリ 

「君主論」を執筆したマキアヴェリでしたが、運命の女神はマキアヴェリに微笑んだわけではありませんでした。  新教皇の後押しで、エミリア征服に乗り出すかに思えたジュリアーノの計画は、たんなるマキアヴェリの夢で終わってしまいます。







--------------------------------------------------------------------------










ジュリアーノは、その後、フランス王フランソワ1世から、ヌムール公の称号を得て、急逝してしまいました。  次にマキアヴェリが目をつけたのは、メディチ家の若い当主ロレンツォ2世(1492-1519)で、彼はフィレンツェの最高指揮官に任じられ、のちにウルビーノ公にも封じられます。

しかし、おそらく、この書物はロレンツェに献呈されたものの、相手が実際に目を通したかどうかは判然とせず、本そのものも、手稿の形で身近な人に読まれただけで、最初に刊行されたのは、ローマのブラード版(1532年1月4日)と、フィレンツェのジュンティ版(1532年5月8日)でありました。




2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ