2007/3/11  

武蔵野うどん「きくや」@東村山、です!  武蔵野うどん
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、武蔵野うどん攻めは、どこまでも続くのですよ。

ここ、東村山「きくや」は、武蔵野うどんでは一番有名な店なんじゃないでしょうか。武蔵大和駅から歩いて近い廻田町って所にある本店と、東村山駅に近い諏訪町店の2軒あって、もう一軒、所沢に「涼太郎」という系列店があります。
クリックすると元のサイズで表示します
きくや本店です>
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

で、なぜここが有名かというと、うどんの旨さは当然ながら、そのうどんの注文の仕方がユニークだってところだと思います。うどんの多さを、LとかLLとか3Lとか4Lというようにメニューに書いてあって、エルエル」とか「スリー」とか「フォー」とかで表現するんです。「フォー肉汁天付」というように、うどん量とトッピングを表現するっていう、いわゆる常連さん注文の感じがグっと来るんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
<Lから、うどんの量をこまめに注文できるから、ちょっとだけ食べたい人はLで、大食いの人は10LとかOKみたいですよ。>

ラーメン次郎の有名な「麺マシ、ネギマシ、マシマシマシィィ」(って全然僕は分かってないんですけど(笑)に近い、常連注文の掟みたいなところが、武蔵野うどんの地元感を際立てていて、たまんないんですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
<これぞまさしく、地粉、武蔵野うどん!

注文の仕方を詳しく書いてある、こういうすばらしいページ
http://www.hayashida.jp/udon/kikuya/index.html
も発見しました。詳しく解説されてて、すばらしいですね。

僕はやっぱり常連さんでもないので、いちげんさん丸出しなんで、なんとなく「フォー」とか言うのは照れくさいなあと思って、「ヨンエルで〜、肉汁で〜、天ぷらもつけてくださいぃ」って注文しました。これから何度か通って「フォーにくじるてんぷら!」ってスーっと言えるようになりたいものです。(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
<きくや諏訪町店です>
クリックすると元のサイズで表示します
<諏訪町店の「ふぉーにくじるてんぷら」です(言えたぁ。笑)>

何はともあれ、ここは武蔵野うどんの聖地のような存在なので、是非皆さんも一度、行かれて見てはいかがでしょうか。

住所は

きくや本店
東京都東村山市廻田町2-12-13

きくや諏訪町店
東京都東村山市諏訪町1−1−3

どちらも日曜休で、営業時間は11:00−13:30頃、売切れ御免で閉店って感じですね。

てな感じで〜。バクバクゥゥゥ。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ