2007/4/30  

とうとう、武蔵野うどん、を打ったんです!  武蔵野うどん
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、武蔵野うどん日記強化月間の最後は、武蔵野うどん打ち体験レポートでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
先日、国立市の、市の施設である古民家で、「谷保流手打ちうどん作り」という会がありまして、とうとう武蔵野うどんを自ら打ってしまったわけでありますぅ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
<武蔵野地方でも、玉を1日寝かせる地域とか、1時間だけ寝かせる、とか、寝かせない地域とか、いろいろ微妙にあるみたいです>

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
国立の甲州街道沿いの谷保天満宮のあたりで、昔から伝わってるうどん打ち方法でうどん作りをしたわけです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
で、まあ、うどんってのは、地粉を水でこねて丸くして足でぐいぐいと踏んで棒で伸ばして細く切って湯がく、という結構やってみたら単純なことなのですが、簡単なことだからこそ、微妙な水加減とか伸ばし方とかで、うどんのコシや旨みが全然違ってくるんですよね。やってみてその微妙さをひしひし感じました。結構体力いりますしね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
薪で釜を炊いてうどんを茹でまーす。>

今回自分で打ったのは正直、40点ぐらいでしたねぇ。自分で打ったっていうことで旨く感じるってのもありますが、武蔵野うどん巡りをしていろいろ食べてる僕としては、やっぱり全然ダメでしたね〜。奥の深さを改めて感じましたです。

クリックすると元のサイズで表示します
それとやっぱり、人が精魂込めて打つうどんですから、「旨くなれぇ、旨くなれぇ」と思いながら作ってるとなんか旨くなってくるようなそんな気がしますねぇ。蕎麦とかでもそうですけど、いろんな武蔵野うどんを食べてきて、手打ちで丹念に気持ちを込めて作ってるんだなあと思うと、グッと来ますよねえ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
<でもやっぱり、自分で打ったうどんは、旨いぃ。>
そんなことを改めて感じることの出来る武蔵野うどん打ち、でした。

てな感じで〜。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ