2007/9/14  

祖谷温泉「ホテル祖谷温泉」の露天風呂!  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、四国で、温泉通を唸らせる名湯といえばここ「ホテル祖谷温泉」の露天風呂でございますよ。「そや」って書いて「いや」って読むんですね。変った名前だなあっていつも思いますです。
クリックすると元のサイズで表示します

平家落ち武者が隠れ住んでたという、日本三大秘境「祖谷谷」にあるんですけど、ここ、ほんと奥深いんです。下は深ーい谷底になってる一車線の道を、くねくねと10キロぐらい走ると、何もない所にポツンと一軒宿「ホテル祖谷温泉」の建物があって、周りは民家とか全くないところなんです。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
で、ここの温泉の名物はケーブルカーで、旅館から200mぐらい下の谷底までケーブルカーで降りていったら、そこに露天風呂があるんですよ。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
で、湯量はめッちゃ多くて、岩の間から毎分1500リットルもの温泉がドバドバと自噴してて、惜しみなく下の川にドバドバと掛け流し、というか、タレがなされてるぅ、という贅沢さです。
クリックすると元のサイズで表示します
動画はこんな感じです。

源泉温度は39.3度で、若干ぬるめですが、夏場は快適で、川のせせらぎと木々を眺めながら長湯ができてほんと至福のひと時を味わえますよ。少々硫黄の香りもして白濁してて白い湯の花もちょこちょこ浮いてます。ここは美人の湯でもあって、湯船の底も滑りそうなぐらいぬるぬるで、湯の感じがも気持ちいいですよ〜。

数年前に来た時のレポートはこんな感じです。昔と湯船が若干変ってましたが、ドバドバのタレがなし温泉は健在で、この贅沢さはいつ来ても湯の恵みの贅沢さを実感させられます。四国の名湯、ここにあり、です!
公式HPはここで、場所はここです。

クリックすると元のサイズで表示します
<近くにある名物の小便小僧像です。断崖絶壁で、あぁぁ〜こわぁぁ〜!

日帰り入浴がケーブルカー代も含まれるので1500円ですが、ここは一度は入る価値ありの温泉ですよ!

てな感じで〜。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ