2008/2/4  

湯抱温泉中村旅館、です!  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、節分も過ぎてしまいましたが、お正月に行った湯抱温泉、アップしまーす。

クリックすると元のサイズで表示します
ここ、島根県の湯抱温泉(ゆがかえおんせん)は、昔は温泉街としてある程度賑わってたみたいですけど、今はこの中村旅館と、もう1つ、日乃出旅館だけになってしまったみたいです。ちょっとはなれた国道沿いにあと2軒ありますが、本来の温泉街では、最近1軒休業になっちゃって、2軒だけで、鄙びてますぅ。

クリックすると元のサイズで表示します
赤茶けた鉄分を含んだ温泉で、析出物が段々畑のようになってて、温泉成分の濃さを実感できて感動します。

で、実は、源泉温度が30度ぐらいの鉱泉なんです。それで、島根県から「深く掘ったら熱い温泉が出るんで、湯抱温泉も掘りませんか」と言われたらしいんですけど、「掘ってしまうことによって、今まで受け継いできた神経痛リューマチに効能がある鉱泉脈が、途切れてしまう可能性もあるんで」断ったらしい。 その精神、すばらしいです!!

クリックすると元のサイズで表示します
鉱泉で沸かし湯でも、効く温泉はすばらしいのですから。入浴後、肌がつるつるになって、いい湯なんで湯船から抜け出れない、僕的にはものすごく肌合いのいい温泉でしたよ!

場所は島根県邑智郡美郷町湯抱315-3です。最近世界遺産になった石見銀山の近くですよ。温泉津温泉も一躍有名になりましたが、みなさん湯抱温泉にも是非是非、お立ち寄りを!

この中村旅館さんは、大女将、中女将、若女将の3世代の“かしまし3人娘”さんがいらっしゃって、温泉通にはプチ、有名です。

クリックすると元のサイズで表示します
<立ち寄り入浴で入ったのですが、大女将が抹茶と金平糖を出してくださって、なんと言う心遣いでしょうか。すばらしいです!常にお客さんより下の床にずーっと正座されて、お客さんをもてなす心遣いがひしひし伝わってきます。>

中村旅館、絶対いつか泊まりたいです宿ですね〜。

ではでは〜。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ