2008/5/25  

鳴子温泉西多賀旅館、なんです。  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、鳴子温泉の名湯「西多賀旅館」に攻めてまいりました。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと前に書いた「東多賀の湯」の隣で、双璧をなしてて、温泉マニアにはどちらが好みか、で分かれるので有名なところですね。

クリックすると元のサイズで表示します
鮮やかなエメラルドグリーンの硫化水素硫黄泉は、見た目だけでも、感動しちゃて、たまんない気分になりますよ。見た目の通りやわらかい湯って感じです。僕が入浴した時は誰も入ってなくて僕一人だったんで、至極の時間を過ごせました。

クリックすると元のサイズで表示します
で、特筆すべきは、湯の花なんですが、白い湯の花がたくさん浮いてるんですが、それに混じってところどころに黒い湯の花も点々と浮いてるんです!すばらしいなあ。源泉温度は60.5℃で、phは6.6で、弱酸性なので、まろやかなんです。

クリックすると元のサイズで表示します
<湯船の縁の析出物がクリーミーな白で、いい感じ>

公式HPはここです。場所はここです。立ち寄り入浴は10時〜18時で、400円で入れますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
<東多賀と西多賀、お隣さんです。>
ここも東多賀の湯同様、素泊まり自炊ができて、隣のウジエスーパーで買出しが出来て便利なんです。東多賀に泊まるか西多賀にするか、うううん悩むところですね〜。どちらも名湯ですからねえ〜。あなたはどちらがお好みですか〜?

てな感じで〜。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ