2008/10/31  

黒部峡谷の秘湯、祖母谷温泉です!  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、テディ熊谷さんとの黒部行脚パート2で、黒部峡谷鉄道の終点、欅平からさらに奥にある秘湯祖母谷(ばばだに、と読む)温泉を攻めてまいりました。

クリックすると元のサイズで表示します
欅平から徒歩50分の奥にあって、途中ヘルメット着用のところもあったりするんで、かなり行きにくい秘湯かと思いきや、道もアスファルトで舗装されてて、全然楽勝でちょっと拍子抜けしましたが、でも山奥で秘湯ですよ。

<ヘルメットが置いてあって、かぶっていくんですよ>
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
<結構開けた川原の場所にあるんです、山小屋が>
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
<露天風呂はちゃんと男女別でありますよぉ>

クリックすると元のサイズで表示します
83.1度の単純硫黄泉で、白い湯の花が湧いてて、玉子臭プンプンして、ここまで来た甲斐があるってもんです。普通の観光客は欅平周辺でうろちょろしててここまで来ないですからね〜。でもほんと意外と行きやすいので、温泉好きなら行ったほういいですよここまで。湯小屋の横にテント設営スぺースがあって、キャンプも出来るんです。

で、後で分かったですが山小屋には内湯もあって、露天と源泉が違うとのことです。露天ばっかり気になってて、内湯の存在すら気が付いてなくてしまったぁって感じですが、まあ次回行ったときの課題ですねこれは。

クリックすると元のサイズで表示します
山小屋のちょっと上流に、川原で湯が噴出してる地獄があって、いたるところで自然湧出してて、結構アチッ!って感じなんです。野湯入浴、できそうですが、一応禁止みたいです。
クリックすると元のサイズで表示します

10:00〜16:00で入浴料は500円。峡谷鉄道が走ってる5月から11月末が営業期間で、冬季は休業です。でも自然湧出なので真冬でも湯は出てるので、真冬に働いてる関西電力の作業員になれば入れる可能性、ありますねって豪雪でド寒ですからそんな悠長なもんじゃないでしょうけどね(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します
<こんなTシャツもありました>

ちなみに黒薙、鐘釣は携帯が通じなかったですが、なんと祖母谷はauで3本線立ってて通じました。こっちのほうが一応奥地で秘湯とされてるのに。面白いですねえ。黒四ダムまでは電力会社の施設もあるので、電波も通じてるんでしょうね。黒部湖のその奥の雲ノ平とかまで行くと、ほんとの手付かずの黒部があるんでしょうね。山小屋に2泊しないといけない高天原温泉とかがあって、いつか絶対行ってみたいなあと思います。あと、野口五郎岳とか黒部五郎岳とか、登りたいなあ、いつか。野口五郎さんは野口五郎岳に登ったことあるのかなあ。「野口五郎、野口五郎岳登頂!」とかの碑が立ってたりするのかなあ(笑)。いつか登りたいですマジで。

てな感じで〜。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ