2005/9/13  

鳥取の名湯、岩井温泉  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、飛び飛び連載でアップしてます、青春18きっぷ旅の続きであります。

岩井温泉、という鳥取県にある知る人ぞ知る名湯、です。

クリックすると元のサイズで表示します
初めて行ったわけですが、温泉街に入って最初に感じたのが、かなり風情があって、田舎街だけど、洗練された和風のたたずまいなんです。旅館も風格があって、なんか、いい。渋い大人の感じだ。

で、ここの岩井屋という旅館に、足元湧出の温泉があると言うことで立ち寄り入浴をしてきました。
公式HPはここです。
http://iwaiya.hp.infoseek.co.jp/

クリックすると元のサイズで表示します
<檜の湯端という湯船です。足元湧出じゃないですが、自然湧出源泉100%掛け流しの極上の湯です!>

しかーし、昼の時間は、その足元湧出の「長寿の湯」は女性専用で、入ることができなかったです。残念。
とは言うものの、湯的には同じである、「檜の湯端」という浴槽に入ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します
<長寿の湯です。写真だけ撮っちゃいました。湯船の下からプクプク出てるんです。いつか入りたいぃ!>

ここの湯はほんと、上品な感じです。ほとんど無味無臭の透明の湯は、若干熱めで、まろやかで、癖がなく、入った時スーっと体になじんでくる感じが、なんともいえません。自然自噴で毎分150リットル程沸いてる湯は、もちろん掛け流しで、湯船からサーっと流れていきます。本物の温泉の清らかなバイブレーションを感じずには、いられないぃ。日本でも一級の温泉といえるのではないでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
<露天風呂です。日本秘湯を守る会の宿なんです。結構信用できますよ、秘湯を守る会は。>

で、この岩井屋さんは、床が畳敷きで旅館の廊下もスリッパ無しなんです。それだけ清潔さに自身を持ってるってことでしょうね。繊細で洗練された気品の高さが感じられる、そんな大人な感じの旅館でした。ここはやっぱり立ち寄り入浴じゃなく、泊まってじっくり温泉とその温泉風情みたいなのを堪能したい、って思いました。立ち寄り料金は750円です。

島崎藤村ゆかりの明石家、と花屋という、他の2軒のお宿も、かなり風情があって、どこも掛け流しの湯で、岩井温泉は3軒ともすばらしい宿みたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
<岩井屋さんの外観です。建物も、いい!>

クリックすると元のサイズで表示します
<入らなかったのですが、共同浴場の「ゆかむり温泉」です。源泉かけ流しで300円。ちなみに岩井温泉には「頭に手ぬぐいをのせ柄杓で湯をかむる」という独特の風習があるらしいです。>

山陰でもっとも歴史の古い名湯です。いつまでもこのままの湯、このままの温泉街であり続けてほしいものです。



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ