2009/4/20  

五色温泉五色の湯旅館、です。  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、渋響後の温泉行脚ということで、やっぱり最後は硫黄の香りがガッツリ漂って、大自然の露天風呂で〆たいぃ、ってことで、信州の名湯五色温泉にやってまいりました。

クリックすると元のサイズで表示します
ここは名前の通り、湯の色が時によって五色に変化するという摩訶不思議な名湯で、川沿いの混浴露天風呂と木作りの男女別内湯があるんですが、この日3月30日も、露天は白濁、内湯は深緑色という感じで、同じ源泉なのに色が違ってました。青や黒にもなることがあるらいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

源泉温度は60.9度の含ラジウム硫化水素泉で、硫黄の香りプンプンしてました。

3月後半ですがまだまだ雪は残っていたので、渋響ライブで一仕事終わった後の雪見露天は、至極のひと時でございましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
露天には黒と白の湯の花が沸いてました!>

平日なので空いてましたんで、2時間ぐらい露天風呂でくつろいじゃいました(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
オォォォ〜、リラックスゥ、オンセ〜ン〜

立寄入浴時間は10:00〜15:00 で、入浴料は500円。公式HPはここですね。

クリックすると元のサイズで表示します
ここはかなり秘湯感があるんですが、須坂長野東ICから40分ぐらいですぐ行けちゃう秘湯なので、万人にお勧めですよ〜。土日は結構混んじゃいそうですけどね。

ではでは〜。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ