2011/6/25  

今、柊湯@京都の上賀茂神社の北にある、京都市内最北端の銭湯です!  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
このところ、京都の銭湯の水風呂にハマってるのです!

京都の銭湯は、そのほとんどが井戸水を使っていて、沸かした温浴層は条例上、塩素消毒されてるのですが、水風呂は源泉そのままのところがほとんどなのです

京都の地下水は軟水のところが多くて、水が柔らかくて、入浴後の肌のツルツル感も感じられるし、とにかく入った時の感触というか、バイブレーションがかなり良いんですよ!

その上、サウナも別料金じゃなくて、銭湯料金410円に含まれているので、サウナ水風呂!サウナ水風呂!サウナ水風呂!ってのにハマってる今日このごろなんです。

この柊湯は、すぐ北には山、という京都最北端の銭湯で、上賀茂神社にも近いので、その為なのかほんとに柔らかい清らかな感じの水で、気持ちよくって、ドバドバと掛け流されてる水風呂で、素晴らしいのですよ。僕にとっては、ほとんど鉱泉入浴の感覚です!日本の温泉法では成分や温度的に温泉には分類されないけど、そんなこと勝手にお国が決めたこと。肌もツルッツルになるし、サウナ掛け流し水風呂!サウナ掛け流し水風呂!でこの夏は最高の冷たい温泉、の気分を味わえますよ。ある意味、京都の水風呂は、ある種高度な日本の温泉文化の1つ、と言えるんじゃないかと、気がつき始めた昨今でございます。

とにかく、あああああ、気持ちよかったぁ、サウナ掛け流し水風呂〜サウナ掛け流し水風呂〜サウナ掛け流し水風呂。

ではでは〜。
タグ: 銭湯 鉱泉 掛け流し


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ