2005/12/7  

スイスの温泉”Mineralheilbad St. Margrethen”  温泉(海外)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、海外温泉でございます。スイスのボーデン湖畔の街St. Margrethenは、300年以上昔から温泉地として栄えてた所みたいです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
<玄関はこんな感じです。>

いわゆるスパ系の温泉プールで、水着着用で入る所なんですけど、ここは湯上りに塩素臭がしないんです。

クリックすると元のサイズで表示します

ここのHP http://www.mineralheilbad.ch/を見ると、お湯はやはり循環で、除菌フィルターにかけているそうですが、塩素はいっさい使用してないとのことです。お湯は週に一度取り替えられるとのこと。結構取り替えてないですね〜。でも入った感じは清潔感がありましたが。

クリックすると元のサイズで表示します
飲泉も出来まーす。冷泉のミネラル鉱泉でした。>

湯的には無味無臭で、なめてみると若干のミネラルっぽさがあって、温度は30℃後半のぬるめの湯でした。ヨーロッパの温泉って、どこも温度をぬるめに設定してあって、日本みたいに熱い湯に入って「あーあぁ、いい湯だぁ」って感覚、西洋人には無いですからね、基本的に。

クリックすると元のサイズで表示します
<案内してもらったHans Platzgumer氏、入浴の図。彼は昔はアメリカでHP ZINKER、そして今はSHINTO、QUEEN OF JAPAN、CONVERTIBLEなどいろいろな活動をしてるすごい人ですよ。彼のHPはhttp://www.platzgumer.net/

ヨーロッパのスパ系温泉は、どこも水道水を沸かした温水プールみたいなのが多い中、ここは塩素臭がしなくて、清潔感があって、結構高得点の温泉でした。

てな感じで〜。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ