2006/3/25  

なんてことは無い、お地蔵さんのような。。  癒し
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、引越しした国立で、プリティーな像を発見したのです。民家の横の祠の近くに何気なく、ありましたです。寄り添う姿が、ほのぼのですね。

甲州街道に近いので、旧街道の名残で、小さい古い祠とかいろいろあるわけですが、これは果たして誰が何のために、いつごろ、作ったのでしょうか。そういうことを考えると、この像の意味するものは何なんだろうかとか考えちゃいます。

ぱっと見、ほのぼのに見えるんですがなんとなく厳しさみたいなのを感じて来るのは僕だけでしょうか。特に右の女の子、には。なことは、ないか。やっぱりほのぼのか。なんのこっちゃ。

まあでも、ハートマークは、出てる感じは、ひしひし伝わってきて、よろしおまんなぁ。もしこの像について何かご存知の方いらっしゃったらおしえてくださーい。ではでは〜。

2006/4/7  9:54

投稿者:うーにゃん
それは、道祖神です。きれいなので新しく作り直したのでしょう。昔からいる神様です。縁結びの神様で、男女が結ばれて、その地が栄えていくようにという祈りが込められています。厳しさを感じるのは、昔は、疫病などで子供がなかなか育たなかったからだと思います。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ