昭和研究所

模型中心の本研究所ですが、「ハート・アンド・ソウル」で昭和に肉迫…!

 

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ラッキーユダヤ
XJun様

まだパーツをじっくり見ていないのですが、どうもありがとうございます。

確かにニッパーで切り出すと切口がヨジレて後で苦労しそうであります(汗)


投稿者:XJunで〜す
ラッキーユダヤ様、履帯の切り出しについては、私は、デザインナイフで新しい刃に付け替えて部品ぎりぎりのところを切り出しています。あとで整形するのは面倒なので...

ちなみに、押し出しピン痕がついていても見なかったフリをしてます。(爆)

http://silver.ap.teacup.com/xjun/
投稿者:ラッキーユダヤ
⊥様

すぐに形になるので楽しいんですが、キャタピラが…(汗)

確か小学生の頃挫折したパンターも切り出しキャタピラでした(爆)


投稿者:ラッキーユダヤ
XJun様

そうですか〜、残念ながらマジックトラックではありませんのでランナーから切り出さないといけません、果たして根気があるかどうか(汗)


投稿者:suityokutank
おー知らないうちに自走榴弾砲なんか弄り始めましたか、こーいう中が見えちゃう奴はワシには鬼門です、理由は(以下略)

やはり戦車は砲塔の無い突撃砲に限ります(爆)
投稿者:XJunで〜す
横レス、失礼します。
"マジックトラック"というのは、ドラゴン独特の接着連結式履帯で、従来、履帯の履板の部分を1個ずつランナーから切り出していたのですが、マジックトラックは、メーカ側で既に切り出したものを袋づめにして、キットに付属しているものです。
作り方は変わらないのですが、何しろ数が多いので、ランナーから切り出してあるだけでも随分助かるものです。

ちなみに、微妙な色違いで、左右を分けています。III/IV号車体の場合、履帯のピンの形が車体側と外側で少し違うため、厳密には左右が異なるのです。(笑)わかる人にしかわからないのにね.
妙なところにこだわるのがAFVモデラーであります。(爆)


http://silver.ap.teacup.com/xjun/
投稿者:ラッキーユダヤ
XJun様

詳細なガイダンスありがとうございます。

特に陸モノと相成って微に入り細に渡るガイダンスは誠に助かります(笑)

また色々とご教授お願い致します(笑)




投稿者:ラッキーユダヤ
シミソ様

マジックトラックとは如何なるシロモノでしょうか?(汗)

飛び交う単語も理解できない、恥ずかしいモデラーでございます(笑)

今しがた、排気管を弄っておりましたが…、楽しいですね(爆)


投稿者:ラッキーユダヤ
鉄火様

オープントップの車両は楽しい…そうですか、楽しいですか、

どうも素人はキングタイガーみたいな派手派手車両に走りがちですが、自走榴弾砲はフィギュア配置という見せ場があったんですね(笑)


投稿者:XJunで〜す
ドラの新フンメルは足回りがきちんとIII/IV号しているので、いじらなくても実感があっていいですね。初代ナスホルンとフンメルは諦めて素組みするか、弄り倒すかを最初に決めねばならない代物でしたから...

フンメルの場合、シミソ様の仰るとおり、主砲周りが見せ場の勝負どころになると思います。砲周りはエアブラシと筆塗りを適宜使い分けて塗ってやるとスムーズに組み立てられると思いますよ。

ちなみに、砲尾の鎖栓の内側は大抵のキットの指定では、銀色になっていますが、以前オリオンで見せてもらった資料本では、発砲により焼けてブロンズ色になっていました。その方が迫力がある感じがしましたが、そこはお好みで...(笑)

http://silver.ap.teacup.com/xjun/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ