昭和研究所

模型中心の本研究所ですが、「ハート・アンド・ソウル」で昭和に肉迫…!

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ラッキーユダヤ
なおみ様

わざわざありがとうございます。

親族ではありませんが、身内同然に可愛がって下さった方で人生の大先輩でした。

私の父は14年前に亡くなっておりまして、父親代わりのような存在の方でした。

亡き父も海軍志願兵で終戦は横須賀で迎えたそうです。

色々と伺っておきたかったお話も、今となっては叶わなくなり残念ですが、残された我々が一生懸命生きる事が何よりの供養であると思っております。


フーちゃんお誕生日おめでとうございます、ザリーも元気です(笑)
アームズ展の大成功をお祈り申し上げます(笑)


投稿者:なおみ
 遅くなりましたが、ラッキーユダヤさんのお世話になった方の、ご冥福を祈ります。

 こういう時代だからこそ、人との繋がりを大切にしなくてはと、改めて感じました。
投稿者:ラッキーユダヤ
あきみず様

翁の他に年少者数名が部隊長より「残れ」と下命されたそうであります。

ご本人は至って爽やかに当時のお話をされました。

特攻に関しては決して多くは語りませんでしたが、歪んだ民主主義教育を施された(権利は主張すれども義務を果たさず)私の世代から拝するに、

各地で不本意な出撃があったかもしれませんが、翁の部隊では軍人として「責任をとる=落し前をつける」筋を通す部隊長により、戦後日本の復興の礎となられた方々が輩出されたと思います。

誰も責任を取らない国になってしまった現在のわが日本では、まず望めないですね…。



投稿者:あきみず
この当時の方々の写真をみてますと、微塵も暗さや
これからの出撃に対する不安が見えません それほど一途な気持をもっておられて、お前は残れと
言われたときの気持は推し量るべくもありません
貴重な体験をされたと思います

http://a6m2type21.cocolog-nifty.com/
投稿者:ラッキーユダヤ
シロイルカ様

この当時翁は19歳で少尉だったそうです。

写真の上官殿はお二方共22歳の中尉と伺いました。

「お二人には本当にお世話になったんだよ…」と懐かしそうに語っておられたのが忘れられません(悲)

キ48!なるほど、可能性大ですね。

先日ご案内頂いた山城の件ですが学研の「帝国海軍艦艇集」、シミソ様から頂戴した資料本の中にありました。
各年代どれも微妙なので最終型で行こうかと思っております(笑)


投稿者:シロイルカ
こんばんは…そうでしたか身内同然の方がお亡くなりになったのですね、決まり文句ですがご愁傷様です。

往時をしのぶ写真はやはり真価のわかる人に託したかったのでしょうかね…

それにしてもみなさん晴れやかな表情で後世の私達が特攻に持つイメージとは結びつきませんね、やはり御本人のお話とともに観てこそ当時の心情が理解できるのかもしれません、同時代の人たちには感無量でしょうね。

このような貴重なお話もあと十年もすれば完全に聞けなくなってしまうのでしょうかね…


横向きの風防…キ48がこんな感じに見える気がしますけど…
投稿者:ラッキーユダヤ
hagu様

どうもありがとうございます。

晩年になられてから急に写真を出して大戦中のお話をされていましたので、変な話ですが虫が知らせたのかもしれませんね。

きちんと筋を通す、立派な方でした。


お父様は南方に征かれていたんですか、きっとご苦労されたんですね。


背筋のピンと伸びた、立派なお父上でいらしたであろう事は、hagu様のお姿から偲ばれますよ(笑)


投稿者:hagu
胸に迫る写真であります。。当時の事をそっと誰かに・・きっとラッキーユダヤさんに見て欲しかったのだと想います。
ウェワク方面に出征しておりました亡き父は、私が小学生の頃から、耳にタコが出来る位ニューギニアの戦闘の話を・・
事あるごとに「お前はいい時代に生まれて良かったな」
おかげで多大な影響を受けこんな息子にw
でもとても強く優しい父でありました。。
投稿者:ラッキーユダヤ
⊥様

今の日本を見たら…、きっと嘆き悲しむでしょうね「俺達はこんな国のために死んだのではない!」と…。

やはり戦後GHQお仕着せの…(以下自粛)
写真は縦撮りで投稿すると横向きになってしまいます(汗)

しかし、もっと色々なお話を伺いたかったのですが、今となっては叶わなくなりました。

投稿者:suityokutank
国のため愛する人の為に、陸海空に散華して行った英霊達が、今の日本を見たら何と思うでしょうかねぇ。

写真が横を向いているのが勿体無いですな(汗)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ