昭和研究所

模型中心の本研究所ですが、「ハート・アンド・ソウル」で昭和に肉迫…!

 

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ラッキーユダヤ
シロイルカ様


四式戦は基本工作もさることながら、塗装の色合いと控え目な剥離表現が絶妙であります。


32スケールは「作り込みにこだわるより塗装に力点を置いた方が…」とは全くそのとおりですね。


作品を見ながら直接お話を伺えるのが展示会のいいところですね(笑)


投稿者:ラッキーユダヤ
ななに屋師匠


せっかくお目にかかれたのに満足にご挨拶すらできず申し訳ございませんでしたm(_ _)m


今年は珍しくリベット満載の雷電が展示されていたので嬉しかったです(笑)


来年は何か持ち込みたいですが…


ちょっと頑張ってみます(汗)

投稿者:ラッキーユダヤ
彩雲様

石垣築造のレクチャーありがとうございました(笑)


司令長官も梅の達人にお会いできたと喜んでおりました(笑)


投稿者:ラッキーユダヤ
XJun様
航空発祥の地にふさわしく飛行機モデルがずらりと並んでいて壮観でした。

綺麗目な迷彩が展示会栄えするという事を学びました(笑)

我が家の上官達は32スケールの迫力に大興奮、

私もいい目の保養になりました(笑)


投稿者:シロイルカ
ラッキー様、ネタにしていただき光栄であります。
たまたま四式戦が空いていたので作っていったらカンチャンずっぽりな感じでした(←意味不明)
あ、ハヤテ様が47戦隊の錘馗行くそうです。
投稿者:nananniya72
XJun殿
この前面に写っている陸軍機の作者はお店のお客さんなので、まったくテーマには縛られておりません。
当初のテーマはあろうことか「グラマン」だったんです。
参加機が集まらないことから、結局完成機数が多い
ヘリコプターになりました。
わがクラブは「帝都防空戦」はないです。

航空自衛隊も旧陸軍航空隊のDNAなんでしょうか
マーキングや特別塗装、戦競塗装などと、ケッコウ
やってます。

いつぞや、仮想的の護衛艦と間違えて偵察中のソ連艦艇に肉薄攻撃(模擬)を仕掛けた実績があります。

猪突猛進支離滅裂などと言われる所以です。

また、所詮は陸軍航空隊 航法できねー・・とも

http://sky.ap.teacup.com/nananiay721/
投稿者:SAIUN
昨日はありがとうございました!

展示会はやっぱモチベあがりますよね〜♪
週末も楽しみにしております★
投稿者:XJunで〜す
>展示会...
いやぁ〜壮観ですね。来年は是非ともスケジュールに組み込んでおきたいと思います。

ちなみに「お題」は「帝都防空戰」か何かだったんでしょうか。
白の防空識別帯が目立つように思うんですが...?

>陸軍機
尾翼などのマークが部隊番号を図案化したものだったりして、迷彩をしていても華やかですよねぇ。
ドイツのエース機にも派手なマーキングのものが多いのと共通しているような気がします。
陸軍だけに、かつての「旗指物」のDNAが残っていたんでしょうか? 「我こそは***なり! 尋常に勝負せぇ...」って気合いだったのでしょうか。海軍機との違いが興味深いです。

http://sky.ap.teacup.com/xjun/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ