昭和研究所

模型中心の本研究所ですが、「ハート・アンド・ソウル」で昭和に肉迫…!

 

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ラッキーユダヤ
⊥閣下

そういえば、この間新宿の某交差点でニアミス致しましたね(笑)

軽快にアドレスを操る閣下に随伴できず、見事に振り切られました(爆)

投稿者:ラッキーユダヤ
笛吹様

48のタンク…、タミヤのキットはすこぶる組み易い秀逸キットでした。


現在の模型制作環境は塗装作業が困難なので、友人のシガー大佐に合宿にて仕上げてもらいました(汗)


ちょくちょくブログを覗かせて頂いていましたが、フィギュアがカッコエエですね。


いつか私もあやかりたいものであります(笑)

投稿者:⊥TT
ワシの作ったパンサーはシガー殿に強奪されました(笑)
自分のブログに完成した写真すら載せていないw
投稿者:笛吹
カッチョイータンクですね!
次は小生も48タンクを始めてみようかな?
ヒコーキとどちらを先に手をつけるか思案中・・・とか言いながら月日はドンドン過ぎていく〜。
投稿者:ラッキーユダヤ
XJun様

迷彩バッチリ仕上げられましたね、流石AFVスペシャリストですね(笑)

1〜4のコツは参考になります、皆さん独自の経験値で塗装法を確率されているのですね。

お話を伺うだけでもモチベーションが上がります(笑)

投稿者:XJunで〜す
>これだけ塗れるなら...
「実習」を大佐の横で見させていただいて判ったコツとして、
1. 塗料の濃度: 細吹きができる濃度まで薄める
2. できるだけ、エアを吹き続ける:途中でボタンを戻さない
3. あとで塗る迷彩色のことを考えて迷彩一色目を吹く。
4. べちゃっとなったら、乾燥してから塗り直す:乾燥するまで弄らない
あとは「フィーリング」ということでした。

でも、帰ってきて、自分でやってみると「修練が必要」ということがよくわかりました(自爆)


http://sky.ap.teacup.com/xjun/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ