昭和研究所

模型中心の本研究所ですが、「ハート・アンド・ソウル」で昭和に肉迫…!

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ラッキーユダヤ
XJun様


仰せの通り、まず工具類から揃えなければなりませんので自分でやろうなどとは思いませんでした(汗)


しかし暑い日でしたので、汗だくで作業する閣下を見ている私も汗だくでした(笑)


交換後はしばらくブン回さずに控えめ馴らし運転ですが、エンジンがスムーズになり気分エエです。


関東軍飲み会の希望日程は追ってご連絡申し上げますm(_ _)m


投稿者:XJunで〜す
>オイル交換...
意外と原付の場合、ドレンボルトの位置が妙なところにあったり、Tレンチなどの寸法が合うものがなかったりするので、⊥TT閣下くらいのピットでないと難しいかもしれませんね。

スクーターのように気軽に乗っているとオイルも劣化しやすいので良い頃合いなんでしょうね。


http://sky.ap.teacup.com/xjun/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ