Jogo式Canoe Life

カヤックと海に関するデイリーな情報を湘南、逗子海岸から発信します。逗子カヌークラブ事務局ブログもかねています。https://www.facebook.com/zushicc
ツイッターアカウント@jogotakehro
連絡は vzc00573@yahoo.co.jp へ。

 
 逗子カヌークラブは、サーフカヤック、シーカヤック遠征(対象は相模灘全域)、シカトロ(シーカヤックを用いた釣り)を中心に活動しています。カヤック、関連物品の販売、レクチャーも行なっています。

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jogo
 かめさん こんにちは。
 レースですか。2時間以内のレースならいいのですが、それ以上だと今度は栄養をどうとるかという問題も出てきますね。この辺、レーシングパドラーの方々はノウハウを持ってるようです。給水のこともそうだと思います。また欧米の遠征シーカヤッカーは、こまめに高カロリーバー(日本ではスポーツバーという名称で売ってます)を口にするようです。

 しんのでさん、こんにちは。ご無沙汰です。体調を崩されてたとのこと、お大事になさってください。
 詳しいアドバイス、ありがとうございました。やっぱスポーツドリンクですね。スポーツドリンクを中に取り入れると。
 12月下旬から九州一周にトライします。この時、スポーツドリンクを取りいれています。
投稿者:しんのじ
jogoさん、ご無沙汰しています。
ちょいと体調を崩し、春までフネはお預けですが、今日から職場に復帰することができました(^_^)。
私も水分は「こまめにしっかりとりたい派」です。出来れば夏季の水分補給には、ナトリウムイオンとカリウムイオンがある程度含まれていることが望ましいと思います。ナトリウムイオンが入っていれば、最も大切な体内水分分画の一つである血管内水分(=血液量)を、単なる水よりも効率よく保ちやすい、また、カリウムイオンを摂れば、筋肉の攣り(こむら返り)を防ぐ効果がある、からです。
幸い、最近は様々な糖分の含有量の製品や格安の製品もありますから、甘くてくどいものしか選べないという欠点も緩和されつつあるのではないでしょうか。それをベースにして、時々お茶の類で口をさっぱりさせるという組み合わせもいいのではないでしょうか。
投稿者:かめ
いや〜、参考になります。 私も水分を多く摂りたい方なのですが、漕いでいる最中にどの程度飲むべきか、飲みすぎても無駄になるし、少ないと乾きに苦しむし、悩むほどではないけど困っていました。 特に15km程度のレースだと、1.5時間〜2時間は漕ぎます。 休憩する時間はないので、1.5リットルを背負ってこまめに「吸って」ますが、いつも配分に迷います。

http://chinabusiness.blog23.fc2.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ