Jogo式Canoe Life

カヤックと海に関するデイリーな情報を湘南、逗子海岸から発信します。逗子カヌークラブ事務局ブログもかねています。https://www.facebook.com/zushicc
ツイッターアカウント@jogotakehro
連絡は vzc00573@yahoo.co.jp へ。

 
 逗子カヌークラブは、サーフカヤック、シーカヤック遠征(対象は相模灘全域)、シカトロ(シーカヤックを用いた釣り)を中心に活動しています。カヤック、関連物品の販売、レクチャーも行なっています。

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jogo
 なるほどです。
 福岡はこれからがシーズンですね。北風の中のサーフィン。福支部の初期の動画が懐かしいです。
投稿者:yoshi
波面が荒れた時やゆるい波の時に、パドリングでつなげられるカヤッカーの強みが生きるのかもかもしれないですね。

そう言えば、僕のお師匠さん達はよくそういう感じでつないで乗って、今日の波はダメだと早々に上がったサーファー達にうらやましい目で見られてるような気もします。

そういうことが、ボードにはない、カヤック特有のジャッジのヒントにもなるかもしれないですね。
投稿者:jogo
yoshiさん
 コメントありがとうございます。
 面白いテーマですね。パドルサーファーの強みとは?サーフカヤッカー皆で考えたいテーマですね。僕はサーファーが見向きもしないとろいメローな波を、アウトからインまで乗り継ぐなんて、我々の強みではないかと思うのですが。
投稿者:yoshi
blogへのコメント有難うございました。
サーフマナーについて、色々勉強して思ったのは、サーフマナーの基本は、「その時、その波を一番生かせる者を優先する」ということに尽きるのだと思いました。

ボードサーファーより、パドルサーファーが波を生かせるのは、どんな状況のときなのだろう?
そんなことを最近、よく考えます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ