2020/1/18

ゴリラ  
Dear Shibafuji san,

That looks like the white Gorilla glue, same formula as Titebond III. Those are PVA-type glues.

https://www.gorillatough.com/product/gorilla-wood-glue/

I used the original Gorilla glue. Orange color, polyurethane-type glue. You put glue on one surface and water on the other. This glue is excellent for wet (green) wood. It is also very heat resistant. I used it on the shiki of the isobune I built at the Dougukan in Kobe, because we were bending the shiki with fire. Also the isobune wood was very, very wet and the typical Japanese glue did not work on it.


https://www.gorillatough.com/product/original-gorilla-glue/?mkwid=sLFYqNEDB_dc&pcrid=245294816390&pmt=b&pkw=gorilla%20glue&mslid=&pgrid=34961202418&ptaid=kwd-40517971&gclid=Cj0KCQiA04XxBRD5ARIsAGFygj-SExWxZqqE2a_BFbH2sY474up24JkWXIqRuzPXRXkWp-q0cUnzWBcaApvUEALw_wcB

Douglas Brooks
84 South Maple Street
Vergennes, Vermont 05491
USA

0

2020/1/17

接着剤  
DIYショップでGORILLA という名前の接着剤を見つけました。
私はエポキシの強度が要らない木工にはTITEBOUND Vという
アメリカの接着剤を使っています。
普通の木工ボンドは舟に使うと水で溶けてしまいますが
タイトボンドVは耐水性です。
ゴリラとタイトボンドV どちらが良いか
ご存知の方はおいでませんか。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2020/1/17

ストリップ作業  
あまり変わり映えしませんが
ストリップ材を四本付けました。
まだ取り付けは簡単です。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/1/17

斜路にあげました  
水が溜まって沈没しそうな20尺の和船を
干州堀の斜路に上げました。
船台の車が小さいので穴や段差に引っ掛かります。
どうして水が入ってくるか 原因を見つけ修理しましょう。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2020/1/14

船体作り  
ウッドストリップをモールドに張り上げていきます。
ストリップの上面の凹に接着剤タイトボンドVを糸状に流し
次のストリップを乗せて、フレーム部でクギ止めし
中間は画鋲と大きい輪ゴムで圧着していきます。
ストリップ上辺の凹が割れないように丸い箸を当て木にしています。
1枚取り付ける毎にステムより長く出た部分を切り落とし整えます。
左右交互に取り付けます。1本取り付けに20分ほどです。
30分で接着剤が固まるので、ちょっと休憩を挟みながら
作業が続きます。今日は10本 付きました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1

2020/1/7

プランキング開始  
ストリップをスムーズに積み重ねる為の凹の削りをしています。
ルーターを固定し、ガイドを作って、ストリップを送って削ります。

午後からは外板張りを始めました。一番下はガイドのバテンです。
二列張りました。フレームの中間部を密着させるのに
板を当ててシャコ万で軽く締めてみました。
プランキングが進んでも使える、もっと良い方法を思いつきましたので、
次回には試してみます。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1

2020/1/7

弘光和船  
弘光船大工が建造された20尺の仁淀川舟を浦戸湾内の赤松漁港で
見つけました。三年前には倉庫に入っていた綺麗な舟でしたが
外に放置されて無残な姿になっていました。
 無残やな 雨に打たれて 木の小舟
クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/1/4

テーピング  
代わり映えのしないモールドの写真ですが
作る船体とモールドが接着剤でくっつかないように
ビニールテープを貼りました。
ステム材を削り、シアーに近い第一番目のストリップの
取付位置をどうした物かと考えています。
来週から船体のストリップを積み上げていく
楽しい作業が始まります。
クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/1/4

お正月三日  
三日も穏やかな晴天なので、お弁当を持って天狗で浦戸湾散帆です。
ランチはお節の残り物の詰め合わせです。
お昼までは風が弱く、のんびり艪帆走。
食事をしてコーヒーを飲んでいます。
木造和船の釣り舟も出ています。
昼から南の風が心地よい位吹き出して
スイスイと帆走を楽しみました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1

2020/1/2

初日の出  
今年も元旦は桂浜沖での初日の出で始まりました。
健康で楽しい一年でありますように。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/12/30

丸める  
ストリップ材の一面を丸める作業です。
ルーターをベニア板の下に固定してあります。
木で作ったガイドにストリップを押し込んで反対側からは引っ張っています。
短い材も含めて80本ほど加工。1時間半で終わりました。
お正月休みにする予定があっさり終わってしまいました。
正月休みは穏やかな天気なので初日の出だけでなく2日3日も
船を出しましょう。
次はストリップ材の他面を凹面に丸く削ります。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2019/12/27

ストリップ材を仮合わせ  
モールドの仕上げをして、断面フレームが前後に動かないように
キール部分とベース基準になる最下部をストリップ材を使って固定しました。

全長5mの綺麗なストリップ材が60本あります。
節などで折れた短い材も何十本かあるので カヌー一艘には足りるでしょう。

最初の一本になる中央部でシアーに重なるストリップを
仮に付けてみました。船体に沿った緩いカーブが出ています。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/12/22

バイキング  
バイキングシップの博物館です。
https://webtv.vikingeskibsmuseet.dk/indexuk.aspx?poditemid=55275&tagsid=121&soegeord&fbclid=IwAR2XP1ZlsU1hj6EJ86WAfGBbI8oM5kxmmmzmMa-E0o8bE0xNB2dTN4lI_U8
1

2019/12/21

ルーターの刃  
カヌー船体を組み上げるストリップ材が船体カーブに沿って張れるように
矧ぎ合わせる面を丸く組み合わせるためのルーターの刃です。
6mm厚のストリップ材の片面を丸く彫り込み、もう1面を丸めます。
クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/12/20

ストリップ材  
カナデイアンカヌーの本体を組み上げる材料を切り出します。
長さ5m厚み22mm幅30cmの三枚の杉板を幅8mmで
細長い棒(ストリップ)に帯ノコで切り出しました。
次にプレナーを両面にかけて6mmに仕上げます。
節があったりすると折れて短くなりますが
短いストリップも必要なのです。
クリックすると元のサイズで表示します
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ