土佐和船友の会 芝藤(しばふじ)  

『土佐和船友の会』公式宣伝用動画

NHK 放送 『和船の伝統を守れ』で

私たちの活動をご覧ください。

http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/movie/play.cgi?movie=j_seto_20130807_2642


 
クリックすると元のサイズで表示します

和船建造を勉強したい方は
まず 模型作りから始めてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=1M1qmJFEMOo&feature=youtu.be


実船を建造されたい方には 
  帆走和船「天狗21」、四万十川の川船
 弘光船大工の二十尺和船、土佐の網舟
 仁淀川の川舟 等の図面と
 和船建造工程の連続写真の解説『浦戸湾の和船』
(高知県立歴史民俗資料館研究紀要)のCDROMを提供します。


 土佐和船友の会 
  
http://www.facebook.com/tosawasen

和船を中心にした様々な情報交換の場です。お立ち寄りください。


続きを読む
54

2018/11/14

ダグラスブルックスさん  
クリックすると元のサイズで表示します
アメリカ人の船大工 ダグラスブルックスさんが日本中あちこちの船大工を訪問。
高知にも三回目です。今回は四万十川 川舟。三枚造りの船大工入門者用の舟を
探しています。この春に私たちが作った13尺の舟が気に入ったようです。
四万十川でも同じ舟を見つけて計測し、大栃の歴史民俗資料館でも吉村船大工建造の
舟を見、設計図は私が描いた物を差し上げました。アメリカで建造するそうです。
写真は三日目 休養日とし私の和船で浦戸湾に出て 船の上でお昼を食べ
湾中央の玉島まで艪帆走を楽しみました。
0

2018/11/2

木工  
須崎工業高校の仁淀川舟です。
今日は木工の日。高校生にもジグソー、ドライバー
で働いてもらいお客さんの座席に板を切り出し
船首の低い甲板を張りました。
船首ミオシの先の板と船尾のコーナーの補強も
仮に付けてあります。
来週は座席を取り付けてしまってから
舟をひっくり返しましょう。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1

2018/10/26

積み込み  
倉敷から来たトラックに天領丸を積み込みました。
船底下に出ている保針性を高めるスケグを
傷めない様に慎重に人力で作業しました。
倉敷天領ライオンズクラブ中原会長も
トラックで来られて、積み込みを手伝って頂きました
dscn7895.jpg

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/10/12

仁淀川舟  
クリックすると元のサイズで表示します
黒の鉄フレームを取り付け、前の甲板の支えを組み立て
タイトボンドVで接着し木ネジで固定しました。
この上に25mmの杉板を切り出して甲板を張っていきます。
鉄フレームは全て溶接が終わり、学生さんが錆止めを塗り
その上に黒ペンキも全て塗り終わりました。
1

2018/10/5

櫓の製作中  
クリックすると元のサイズで表示します
舟の横に二本の艪が並んでいます。右の艪は番(つがい、艪腕と櫓脚を繋ぐ部分)が
腐って折れた櫓です。代わりに新しく作っているのが左側の檜の艪脚に杉の艪腕の
軽い艪です。櫓臍から下の櫓脚の長さと櫓臍から艪柄までの長さを
同じ寸法に合わせて見ている所です。
桧は樫に比べると柔らかくしなりが大きすぎるのでガラステープをエポキシ樹脂で
積層して硬くし、耐水性を増そうと思っています。
2

2018/10/5

天領丸完成  
天領丸完成記念写真です。
今月内に倉敷にトラックで運び
大原美術館前の堀川に浮かぶ予定です。クリックすると元のサイズで表示します
2

2018/9/21

船内パーツ  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
仁淀川和船の建造を須崎工業高校でお手伝いしています。
今日はシアーラインを切り落とし
鉄フレーム取り付けボルト穴を開け
船首の低い甲板の部材を切り出し 防腐処理
船尾 大床を切り出し ました。
船首甲板を仮に組んでみた時に写真を撮るべきでした。
2

2018/9/15

船名  
クリックすると元のサイズで表示します
船名を描いてもらいました。
文字のまわりを彫ってもらいます。
1

2018/9/11

仁淀川舟  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
須崎工業高校で建造中の仁淀川川舟です。
来春の進水に間に合うようにお手伝いに行きました。
船体内部をサンデイングしてエポキシパテで補修をしました。
鉄のフレームの溶接を仕上げ船体に合わせてみました。
最後に底の部分にエポキシ樹脂を塗り防水の膜を付けました。
2

2018/9/9

チリ  
船尾の飾り板チリが付きました。
船縁の檜の上飾り板コベリのおおまかな切り出しが
終わり、カンナやサンダーで合わせ作業をしています。
今日は船体に船名を書いていただく安岡さんが
現場を見に来られ、作業の打ち合わせです。
コベリを取り付け、舟全体に防腐塗料を塗れば
船名描きの段取りになります。クリックすると元のサイズで表示します
2

2018/7/24

外ミオシ  
工房は朝から33度。
とても作業の出来る温度ではありません。
ミオシ材を取り付け船首甲板を取り付け
区切りのつたところで朝の内に終了。
この酷暑の収まるまで作業中止とします。

この後 山のお寺長谷寺へ行ってブルーベリー摘み
大釜の滝で涼みました。
次回は夜須の海でウインドサーフィンをして遊びましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
3

2018/7/10

座席板  
クリックすると元のサイズで表示します
集中豪雨の影響で雨が漏りました。
午後にトタン屋根の隙間をコーキングで埋めて防水処置。
舟の水漏れよりも屋根の水漏れは対策が簡単です。

中央三枚の座席板が付きました。
船尾のタナ板カワラ板を切り落としスッキリしました。
船尾には檜でチリ 飾り板を付けます。
船首の甲板も切り出してミオシ材と仮合わせをしました。
3

2018/7/6

正立  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
船底が仕上がったので舟を起こしてコベリ上辺のカンナ掛け
座席板の切り出し、舳先の甲板切り出し、外ミオシの仮合わせなど
をしてから、船内のエポキシ塗装の二回目を塗りました。
これでカワラ板の防水はバッチリです。
2

2018/7/3

売り舟あります  
クリックすると元のサイズで表示します
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ