2006/8/29

渡邊船大工 来高  
クリックすると元のサイズで表示します
瀬戸内和船工房の松下哲夫さんが
船大工 渡邊 忠一さんと高知に来られました。
歴史民俗資料館では 中村学芸員のお世話で
収蔵されている網舟や四万十川の川舟や
ゴトイキ船の模型などを 見学されました。
その後 銘木市場と弘光造船所をまわって
私のお店 天狗堂めがね店で お茶をしている時の
写真です。中央が 渡邊棟梁。
今治市伯方島にお住まいです。
今は松下さんの注文の二丁櫓に帆も付ける7メートル位の
船の建造に取り掛かったそうです。

0

2006/8/31  19:16

投稿者:松下 哲雄
芝藤さん

この度は大変お世話になりました。なんだかこんどは、四万十川の川舟に嵌りそうです!ところで、四万十川の川舟は三枚構造ですが、仁淀川で見た川舟はほとんどが五枚構造でした、どうしてでしょうね・・・

こんど土佐に行くときはもっとゆっくり過ごしたいと思いました。

http://www.wasen.survival.org/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ