2014/10/4

天狗U構造図  
クリックすると元のサイズで表示します
線図が出来上がったら船体の構造を描いて行きます。
何箇所かの断面にフレームを作って、それを並べて置いて固定し
その上に25mmほどの杉の板を張っていきます。
これは私の建造方法です。
西洋式造船を習った人間はフレームから作ります。

本来の和船の船大工さんはフレーム無しで
板を組み合わせて釘で縫って船体を作ります。
簡単に早く作れる建造方法で大板工法、フレームレス工法
応力外皮構造と今なら呼ばれる
優れた建造方法ではあるのですが、
初心者には取っ付きにくいです方法です。

設計図が船大工さんの頭の中にしかないとよく言われます。
後継者に伝えられる板図は高知では弘光船大工の板図が
ありますが、それ以外には小型和船の詳細な板図は 
全国的にあまり見かけません。
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ